お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所の交際は複数の人とお付き合いをされても、上手くはいきません。
ご成婚になる人は、一時的には複数の人と交際されることがありますが、直ぐに一人に集中してお付き合いをします。

結婚相談所の婚活で交際される人は、複数交際が可能ということを承知していますので、疑うことも察知することも敏感です。

本気でお付き合いをされていないと分かりますと、交際は続きません。

お相手に本気で交際していることを分かっていただくには、誠実でなければいけません。
その誠実をどのように分かっていただくことが出来るのでしょう。


デートの約束をする日程調整で分かることがあります。
「今週末は仕事が入っているので、会社に行ってからスケジュールを確認して、また連絡します」
プライベートの予定か無ければ、直ぐに日程調整はできるはずです。

よくあるのが初めてのデートの日程調整で、「まだ仕事のスケジュールが分からないので、仕事の日程が決まってからまた連絡します」ということがあります。
この言い訳は、土日休みの人は基本的には休日出勤はあまりありませんので、他の人とのデートやお見合い調整があるからと思われてしまいます。

「今週末はお友達と会う予定が入っていますので、来週にお願いできますか」
お友達ではなく、お見合いや他の人とのデートでしょう。

一番分かりやすいのが、「午後から予定があるので、ランチでもいかがでしょう」という最初の頃のデートにある言い訳です。

「昼間はお友達と会うので、夜なら空いてます」
これも完全に疑われています。

お見合いしていると疑われます。

        

誠実のお付き合いをされるのなら、3回お会いした人は結論を出してください。
もう少しお付き合いをすると思えれば、先ずはこの人に集中されてお付き合いをすることです。

お付き合いをされる人が2~3人いる人は、お見合いをされると日程調整が難しいです。
お相手は、他にお付き合いしている人がいると勘づいていることが多いです。

交際は複数でも二人までがいいです。
交際になりましたら、お見合いは止めることが良いです。
交際が二人でしたら日程調整もしやすくなります。
気持ちも費用も楽です。

二人とのお付き合いでは、土曜日と日曜日に分けてお会いすればいいです。
そして、1~回お会いされたら、一人との交際に決めれば誠実にお付き合いが出来ますので、お相手の気持ちも変わってきます。
 

真剣に向き合うことで、親しみも感情も違ってきます。

誰でも二番では満足しません。