お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

お見合いでは、第一印象が大切なことは婚活されている人は自ら体験されています。

自分自身のことではなく、お相手の第一印象を受けていると思います。

ご自身は、お相手に第一印象をどのように見られているかを、お見合いのお返事で分かっている人もいると思います。

お見合いの待ち合わせ場所で、お相手に声をかける直前や、お相手から声をかけられた直後には、お相手へ印象づけをしてしまっています。

「写真と違う」
「何でこの洋服なの」
「不機嫌そうで怖い感じ」
「不潔そう」
「すっぴんだ!」
「この場所にスニーカーはないでしょう」
「1時間は話が持たないかも」
「思ったより素敵」
「予想どおりの人」
このようなことを第一印象として思っているのでしょう。

お見合いのお引き合わせをさせていただいていて、服装に気をつかっていない人が見受けられます。

ホテルで悪い面で目立ってしまう服装の人は、近所に散歩に出かけるような服で、お見合いに来られる人です。
素敵に目立ちたいものです。


外国人は別として、ホテルには宿泊者やラウンジ利用者だけではなく、講演会や叙勲などの祝賀パーティーで、スーツやワンピース等で誰から見てもその場に合う服装を着ています。
高原ホテルではありませんので、ラフすぎる洋服はホテルには似合いません。

      


また、体型に合わない服も見た目は良くありません。

スーツが大きくて、体に合っていない服装でお見合いされていた男性は、ほとんどのお相手にお断りされていました。
でも、新しくスーツを買われて、細身のスーツを着たら、すっきりした感じになられて、その後のお見合いのはお相手から交際希望が多くなりました。

婚活では、着るものは何でもいいということではありません。
「昔買ったスーツがあるので、もったいないからそれを着てお見合いします」
この時点で婚活を重要視していません。

女性は、爽やかで若々しい男性を求めています。

爽やかな意味は、年齢より若作りをしていることです。

女性のスカートの丈も、長いより短めにされた方が良い結果が出ます。
ただし、極端ではいけません。
靴もヒールのある靴の方が、良い結果になることが多いです。

男性は、綺麗で女性らしさを求めています。

綺麗の意味は、服装や髪型が素敵ということです。

「靴が汚かったです」
いつもの通勤のように履いて来ますと、磨かれていない靴ですと、お見合いでは目につきますので、汚れているのが分かってしまいます。
靴を汚くしている人や、だらしない人は敬遠されます。

お見合いに来るのに大きな荷物を持っている人がいます。
買い物帰りのような感じでは真剣味に欠けます。

大きなバックや紙袋はクロークに預けてください。

お見合いは、真剣に取り組みませんと何人お会いされても、良い結果にはなりません。

そして、第一印象が大切ですので、見た目を良くするためにも、髪型、洋服、靴に気をつかって、センスの良い人としてアピールしてください。

洋服は大は小を兼ねません。