「あの人は浮気してそう」と思われてしまう人がおります。
それは容姿から見られることか、話し方や話の内容から判断されてしまうことがあります。

婚活のお相手の中でも、「話し方が女慣れしている」と言われる女性もいます。

交際している人にとっては、お相手が自分以外の他の人とは、お付き合いをしてもらいたくはありません。
もし、他の人とお付き合いをしたら、浮気していることと判断されて、別れることもあります。

普段の生活からの出会いでは、お付き合いを始めますと、他の人の人とのお付き合いは、認めることができません。
もし、他の人とお付き合いしていることが分かれば、浮気していることから二人の関係には亀裂が入り、最悪は別れることになります。
まだ、結婚を決めたお相手ではなくても、異性関係では独占欲がありますので、複数交際は認められません。

普段の生活からの出会いは、まだ結婚を意識していない気持ちからのお付き合いであって、お友達としてのお付き合いですので、複数交際してもいいと思っている人と、将来は結婚したいと思っている人との大きな意識の違いがあります。
一方からしますと浮気、もう一方からしますと単なるお友達ですので、気持ちのずれが生じることがあります。

普段の生活からの出会いでのお付き合いは、結婚相手として考えていなくても、お付き合いをしている人がいれば、他の人との交際は難しいですね。
浮気になってしまうことが多いです。

高校生でのお付き合いでも、結婚は考えていなくてもお付き合いをしているお相手が、自分以外の他の人とお付き合いをしていますと浮気になります。

一般的には、男女のお付き合の複数交際は浮気になってしまうことが多いです。

結婚相談所の婚活では、一定時期やある条件までは複数交際が認められています。

婚活での複数交際は、お互い様とはいっても、自分のお相手が自分以外の人とお付き合いをしているのは、あまりいい感じはしません。
そちらの人の方が良くなれば、いつ交際終了になるかも分かりません。
複数交際が認められているのは心配になる人もいます。



結婚相談所によっては、なるべく複数交際をしないようにしている相談所もあります。
本交際の考え方が違っている相談所があります。

交際になりますと「本交際」として、その会員さんには他の人とのお見合い申請も、申請を受けることもできなくなります。

交際になりましたお一人に集中して、交際することになります。

もちろん、本交際中にも途中で交際終了になることもあります。

 

このように交際になりました二人が、安心して結婚について考えながら交際できるメリットもあります。

お相手が本交際にされないこともありますが、一方の人だけが「本交際」中になっていますと、熱意に気持ちが動くこともあります。

心理的に有効なこともあります。

 

交際は一人だけという考えをされる人も少なくありません。

また、もし本命がダメなら次の人というように、保険のように複数交際をされる人もおります。

 

あなたはどちら派ですか?

 

交際は器用と不器用ということではありません。

器用だから複数交際ができる人でもありません。

 

複数交際をしていますと、気に入った人へは熱が入ります。

その他の人には、その気持ちや感じが伝わることが多いです。

 

複数交際をするときには、なるべく早くお一人との交際に集中することが良いです。