結婚を決められないのは、男性にも女性にもいます。

普段の生活からの出会いでは、結婚までには数年かかることが多いです。

結婚したいと思っていても、お相手にその気がなければいつまでも待っているようになります。

待っていでも、結婚までには辿り着けずに、お別れすることもあります。

 

「もう何年も付き合っているので、別れ話を切る出せない」というのがお互いの本音です。

 

女性の結婚は、20歳代の中頃であれば、若いということで男性からは結婚相手としての人気があります。

でも、30歳になりますと、女性としての若さの魅力が失われてくるのが、自分自身でも感じられてきます。

この時に、長いお付き合いになっているお相手がおりますと、いつかは結婚できると期待していて、出会いのチャンスも逃がしてしまっています。

いつかはという思いが結婚を手遅れにさせてしまいます。

 

長い交際にはリスクがあります。

1年お付き合いをしていても、結婚できるとは限りません。

2年、3年は、お友達としてのお付き合いになってしまっています。

 

結婚をしたいと思う気持ちがあれば、結婚を決心できます。

いくらお付き合いをしていても、結婚を決心できなければ、結婚する気が無いことになります。

結婚の話をして、まだ早いとか、もう少しお付き合いをしてからとか、結婚資金を貯めてからなどは、まだ結婚したくないことの言い訳です。

結婚には、時期とチャンスがありますので、手遅れにならないうちに次の手を打つことが良いです。

               

 

婚活でも、真剣交際や結婚への決心ができない人がいます。

確かに、3か月を目安に結婚相手かどうかを決めることになりますので、判断はお会いする回数にもよります。

 

真剣交際には、お見合い後の初めてのデートで決める人もいます。

2~3回お会いして決められるカップルもいます。

 

6~7回お会いすれば、お相手のこと分かってきますので、この頃には結婚相手になるかを考えることができます。

 

2か月もお付き合いをして、真剣交際の話も無いようでしたら、手遅れにならないうちの他の良いご縁を求めることが良いです。

複数の人とお付き合いをしていて、交際期間だけが長くされることもありますので、デートの日程調整で、お相手の動向を見極めてください。

 

結婚を決心できない人とのお付き合いは、手遅れにならないうちに、いつまでも待っていないで、見切りをつけられるようにしましょう。