仲人型の結婚相談所での婚活は、仲人と言われるくらいですので、面倒見は良いです。

関西のお見合いには、仲人さんのお引き合わせや立ち会いがあります。
お引き合わせといって、お見合いの待ち合わせ場所で、自分の会員さんをお相手にご紹介をいたします。
会員さんお二人の仲人さんがいらしておりますので、どちらの会員さんも心強いです。

お見合いに同席することもあります。
話が少しでも進むように話題を提供しながら、場を和ませていただけます。
一定の時間が経ちますと、そこからは二人だけで話をしていただきますので、仲人さんは引き上げます。

このような時には、仲人さんへの対応も大事なことです。
印象を良くすることが、お相手の背中を押していただけるごとになります。

関西の会員さんは、このように仲人さんがお引き合わせや立ち会いがあることが分かっていらっしゃいますので、仲人さんがいても動揺もせずに当たり前のこととして対応されております。

仲人さんが、お見合いのお席まで確保して、ご案内いただけて、話を切り出していただけるのは心強いです。

会員さんの洋服や言動まで、仲人さんが見ていただけますので、悪いところがあれば、その時点で直せますので恥をかかずにすみます。

関東では、お引き合わせも立ち会いも基本的にはいたしません。
会員さん同士がお互いを探してご挨拶いたします。

どのような服装でいても、どのような態度で挨拶されても、相談所担当者はおりませんので、自分の会員さんの第一印象となる言動などは分かりません。

お断りが続く原因が第一印象だとしても分かりません。

                       

関東の相談所でも、お引き合わせをするところもあります。
弊社もその一つです。

お引き合わせに慣れていないお相手会員さんは、担当者が来ることに驚くことがあります。
お相手とその担当者の二人に最初の言動や服装を見られます。

担当の仲人さんが一緒に来られた時のポイントは愛想よくすることです。
お相手の仲人さんに印象良く見ていただくことが大切です。
お相手の仲人さんにその場で誉めていただくことができれば、お相手も良い人だと思われて第一印象は良くなります。

お相手の仲人さんへの挨拶も大事です。
結婚相談所の仲人さんは、会員さんのお相手を見て、挨拶程度の言葉を交わすだけでも、その人の人柄等を見抜くことができます。

特にお引き合わせをする仲人さんは、数多くの会員さんのお相手を見ていますので、傾向としての人柄を見抜けます。

お相手の人柄は、お見合いの後に1時間程度お話をされた会員さんからも報告を受けることもありますので、人間性を見抜くことができます。

服装もマナーです。

マナーは、所属する相談所からの説明やペーパーを渡されておりますので、それを守っていることも大事なことで、評価もされています。

中には、「担当者が来るなら、もっとちゃんとした服装で来ればよかった」と、お相手に言われる人もいます。

お見合いは、真剣に取り組むことが大切で、軽いノリやマンネリな気持ちで臨んではいけません。
 

誠実で真面目な出会いの場ですので、緊張感の中にも楽しく、次に繋げられる対応をしてください。