お見合いで「結婚相手とは思えませんでした」ということは、まだお付き合いもしていないのに、結婚相手になるのかは分かりません。

普段の生活からの出会いでも、初めてお会いした人を結婚相手としては見ていません。

確かに、婚活は結婚相手と出会う場ですので、最初から結婚を意識してしまうことがありますが、お付き合いも始まってもいない中で、お相手のどのようなことが分かって、結婚相手とは違うと思えるのでしょうか。

マナーや一般人としての常識がない人は、結婚相手として見られない以前の問題ですので、それは交際相手としては相応しくないですね。

性格や相性が合うかは、お見合いの時点で見抜くことは難しいです。
なぜならば、初めてお会いするお相手に緊張しない人はいないでしょう。

緊張しない人は、お見合い慣れしているか、サービス業での営業トークがうまい人でしょう。
自分のことをお相手に知っていただくために、営業テクニックを習得できている人がいらっしゃいます。
営業でお客様と初めてお会いするときに、先ずは自分のことを知っていただくために、プロフィールシートで説明することに慣れている人でしたら、信頼と共感、親しくなれことを前提としてプレゼンテーションができます。

お見合いで、そのようなことをしても、一方的なことと思われてしまって、よくあるお断り理由の「自分のことばかり話をして、興味がないのか私のことは聞いていただけなかったです」になってしまいます。

              

婚活している人は、結婚する意思がありますので、好きになれるかが最初の判断になります。
好きになれるかは、お付き合いをしてからお互い、気が合うかどうかになります。

お見合いの時間は約1時間ですので、結婚相手としての判断は難しいです。
交際が始まってから、好きになれれば結婚相手として考えられます。

お見合いでは、結婚相手として考えるのではなく、お付き合いが出来るかを考えることになります。

それも友達としてではなく、一緒にいて気を使わなく、楽しく過ごせるお相手として、お付き合いができるのかを考えてください。

結婚相手とは違うのではなく、もう一度お会いしてみてお相手のことをもう少し知ってみたいと前向きに思うことです。
 

お付き合いをしてお見合いと違う側面も見ることができます。

お見合いと違って、その人のよい面が見られるかもしれません。


好きになれば結婚を意識しだしますので、お見合いで結婚相手として判断するのは少し気が早いですね。