「プロフィール写真と違っていました」
「思っていた感じと違う人でした」
婚活をしている人で、お相手とお会いしてこのように思われることが多いと思います。
お相手に期待しすぎてお会いしますと、良い結果にはなりません。

この逆に写真より素敵な人と思われることや、とても感じの良い人でしたと思われることもあります。

プロフィールシートに頼りすぎますと、先入観をもってお会いすることになりますので、自分の描いている期待が大きすぎますと、第一印象でテンションが下がってしまいます。

これは、お相手が悪いのではなく、自分の思い違いから始まる現実になります。
お相手への期待が高ければ高いほど、お会いしたときのギャップは大きいです。

でも、自分自身でそう思っている以上に、お相手もお会いしたときのギャップに驚いているかもしれません。
お互い様ということもあります。

このようにプロフィールシートから描くお相手を、過度に期待しますと次には繋がりません。

自分にとって、結婚相手に必要な条件とは、どのようなことでしょう。

お会いする前には、プロフィールシートで一定の条件に合っている人の中から選んでいることですので、お会いしたら違ったということは、容姿や性格、態度等が良くなかったことになります。

プロフィールシートで、厳選してもお会いして自分が思っていた人とは違ってしまえば、それはプロフィールシートに頼り過ぎていることになります。

結婚相手には、一緒に暮らす条件として何を求めるかということです。

お相手の性格によっては、相性が合う人や合わない人がいます。

                 

穏やかな人や短気な人、大雑把な人や細かなことにも文句を言う人もいます。

優しい人も面倒見が良い人います。
せっかちの人も自分勝手な人もいます。

一番結婚相手に必要な条件とは、自分と相性が合うかになります。

自分勝手な人も短気な人にも、良いところはあります。
そこに惚れて結婚する人もいます。

要するに結婚相手は、性格が決め手となります。
その人の性格が自分に合えば、相性が合っていることになります。

顔が良くてスタイルが良ければ、結婚相手に良いということではなく、その人の性格が自分に合うかになります。

単に性格が良いとか悪いということでもありません。
一般的に性格が良いと言われる人でも、相性が合わない人もいます。

性格が悪いからといって、結婚している人もいます。

 

お互いの性格で、相性の良い人と良くない人がおりますので、性格が悪い人でも引かれるところもありますし、性格が良い人でも何も感じない人もいます。
それは、お互いの性格の相性が良いか悪いかになります。


結婚相手とは、お互いの性格の相性が良くないと好きにもなれませんので、そのためには

お会いしてみないと分かりません。

 

お相手の性格と自分の性格が合うかを知るためには、出会いのチャンスが多いことが重要になります。

 

お見合いをしてお相手の性格を知ることで、自分との相性が合うかが分かります。

相性が合う人と出会うためには、お見合いをすることになります。

そこで、お見合いすることの意義があることになります。