お相手に何かを求めると、婚活での出会いは難しいです。

自分がお相手に何が出来るかを考えることです。
お相手に与えることが出来るのは何があるのでしょう。

どうしても、お相手に求めることばかりを考えてしまいます。
それは、要求になってしまいます。

お相手に求めることと、お相手に与えられることは、裏腹になっていることがあります。

「優しくないです」
ということは、お相手から優しくされないことですが、それ以前に自分がお相手に優しくしているでしょうか。

優しくしていただきたいと思っているのなら、自分からお相手のことを優しくすることです。

このことは気持ちの問題で、物やお金ではありません。

見返りを求めずに素直な気持ちで優しくすることです。

「いつも割り勘ですので、ケチな人です」
与えていただくことを考えるだけではなく、自分が何かをすることを考えます。

食事代などを支払うことや、手土産を持っていくことを考えることです。

お付き合いが上手くいっている人は、食事をご馳走になったら、お茶代を支払うことや、デートのときに手土産を持っていきます。
手土産は気持ちですので、金額の問題でもなく手作りのお菓子でもいいですね。

      

 

仲人型の結婚相談所の婚活では、お見合いのお茶代は、女性の分も男性が支払います。

これはルールですので、男性が支払うことで結婚相談所を含めて理解しております。

でも、ルールだから当たり前ではいけません。

女性は男性が支払うのが当然だからと、お礼も言わずに会計を済ませた男性に「それではこれで」はないですよね。

 

ここで差が出るのは、女性によってはお見合いの時に数百円のお菓子を用意している人や、お付き合いになったときにお茶代のお礼として、お菓子などを男性に渡す人がおります。

このようなことでも、お相手に求めるだけの人と、お相手に与える人の差が出ます。

お見合いのお茶代は男性が支払うのが当たり前のことと思って、与えてもらっておりますと、他の人との差が出てきてしまいます。

お相手の好意を受け止めてください。


自分だけお相手に求めることだけを主張しても、お相手には気に入られません。
自分に出来ることをして、お相手には見返りを求めないことが基本です。

結婚は、お互いが自分に出きることをして、協力しあって家庭を築き上げます。

男女共同参画の時代では、男性や女性の役割は決まっていません。
確かに、男女の特性はありますのでそれらは別として、平等時代の社会人として弁えなくてはならないのは、男性がすることは当たり前、女性がすることは当たり前といったように、お相手に求めることではなく、自分からお相手に与えられることからすることです。

男性が行うこと、女性が行うことと、当然のごとく、思っていますと婚活は難しいです。

お殿様でも、お姫様でもない人は、自分がお相手に与えられることや出きることをして、素敵なお相手を逃がさないようにしましょう。