「どうしたらいいのかな?」というような相談事を受けたことがある人が多いと思います。


仕事関係での相談は、経験者や熟知している人に聞くことが、間違いも少なく早く処理ができます。
仕事では、男性や女性の性別には関係なく、分からない内容をよく知る人に相談することが良いです。
でも、聞きやすい人と聞きにくい人がいるのは、どこの職場でも同じです。

好意をもっている人には聞けない人がいます。
「こんな簡単なことを聞いたら幻滅されかもしれないので、聞きたくても聞けない」という人と、「顔の近くで、二人だけで話ができるチャンスだから聞く」という人がおります。
でも、「そんなことも分からないのかよ」と言われたら、聞けなくなります。

相談される人や、相談する相手にもよりますね。
相談される人によって、教え方が違う態度をする人もいます。

相談される方の男性は、若い女性や綺麗な女性でしたら丁寧に教えますが、気に入らない女性には無愛想な感じになります。
それもどうなのでしょう。

セクシャルハラスメントやパワーハラスメントにもなりますよね。

             

お付き合いをしている女性や、お見合いで女性から相談されることがあります。
男性の中には、その相談事に答えられない人がおりますが、親身になっていただけない男性には次がありません。

女性が男性に相談するときには、ほぼ相談内容に対する答えを持っています。
男性の助言が女性の考え方と同じようか、試されていることになります。

男性が説得力ある助言等が出来れば、女性が既に持っております答えと違っても、その男性を尊敬できることになります。

女性の相談には、軽い気持ちで答えたり、いい加減な助言をしますと軽視されることがありますので、交際やお見合いでの女性性から「どうしたらいいのやどうするの」は、真剣に向き合って答えてください。