結婚相手は見た目からと思う人もいらっしゃいます。
結婚するお相手の見た目とは、服装や振る舞いのセンス、清潔感や爽やかさ、見た目に魅力があって、年相応以上に若く見えることです。

人目が気になるからといって、自分自身の満足するような美人や、かっこいい人とは違います。
このような見た目を気にする人は、結婚相手を選ぶのではなく、人目を気にするエゴやプライドからでしょう。

でも、見た目から生理的に受け付けられない人は、結婚相手として考えるのは難しいこともあります。
それは、清潔感も関係しています。
髪の毛や洋服にフケがある人や、無精髭が生えている人、爪が汚れている人などは、気持ちが悪いと思われてしまって、生理的に受け付けられません。

結婚相手の見た目に不満を持つ人は、自分の理想とする見た目に近づけることができます。
それは、自分自身が見た目のセンスがあるのかも大事なことになります。

髪型や顔の手入れ、洋服や靴を選ぶセンスが問われることになります。
また、色彩、カラーのセンスも大切なことです。

               

男性も女性も、バッグ1つとっても選ぶセンスから、見た目が変わります。

物が入ればどのようなバックでもいいということでは、見た目を気にしないことになります。

お相手の見た目が気になるようでしたら、自分のセンスで素敵に見えるようにコーディネートすれば、自分の見た目からの理想の結婚相手に近づけることができます。

結婚は二人で、或いは家族で話し合い、協力してつくりあげていくことですので、お互いの結婚相手や結婚生活を、自分の理想に近づいていけばいいことです。

原石を磨いて、素敵にすることは楽しみでもあって、自分の理想にお相手の見た目をつくりあげることができるかどうかは、自分自身の実力でもあります。

友達や親戚、知り合いには、見た目を褒められるよりは、中身を褒められ方が嬉しいです。
中身を誉められところがなく、しょうがなく外見を褒める他ないようでしたら、残念なお相手選びということになってしまいます。

 

結婚相手の見た目の理想とは、自分でつくりあげることができます。