「お見合いするのが不安です」
このように思われる人も少なくありません。

なぜ不安になるのかは、初めてお会いする人ですので、感じの悪い人なのではないか、怖い人なのではないかと、想像してしまうことがあります。

「優しい人だったらいいな」と、お見合いの前に言われる人も少なくないのは、性格やお人柄がよい人を望んでいるからです。

これは、お相手がどのような人かを考えての不安です。
優しくてお人柄がよいお相手が一番です。

次の不安は、お話がうまくできるかです。
初めてお会いする人とは、共通する話題が無いことが多いです。
約1時間のお見合いで、何を話せばよいかが分かりません。
沈黙の時間が不安になります。

話題が豊富な人は、お話しするネタの引き出しが多いですので、お相手がお話を上手くない人でも、幾つかの話題を提供することで、共通する話題にたどり着くことができます。

でも、話題が少ない人同士では盛り上がることもなく、どちらかが不満に思って交際には繋がることはありません。

                 

お見合いを何回か経験されてきますと、1時間のお話のパターンが分かってきます。
プロフィール写真等から、優しそうな人との初お見合いから始めますと、お見合いの流れが分かりますので、先ずはお見合いをするきっかけをつくりましょう。

仲人型の結婚相談所で、お引き合わせをする相談所でしたら、ホテルラウンジでお見合いの前にでも、お見合いの進め方やお話の話題を提供していただけますので、少しでも自信を持つことができるでしょう。

お見合い開始から、1時間30分経ってもお話が終わらないことがあります。
お見合いは約1時間というルールがありますので、お見合い時間を気にする人もいらっしゃいます。

1時間を越えて、お互いの共通する話題で話が盛り上がるのではなく、一方的にお話をされている人もおります。

その場の雰囲気も読めずに迷惑と思われておりますと、自分の満足だけでお断りされた理由が分かりません。

お見合いは、自信を持ちすぎて望むことではなく、お相手の良いところを見つけながら、良いところは褒めて、お相手の考えなどには同調することです。


また、楽しい時を過ごすことが出来なければ、次には繋がりません。
まだ結婚相手でもない人に結婚感や子どもが欲しいか、結婚後の仕事のことを聞くのは早いです。

このようなことは、順調にお付き合いが進んでからでも遅くはありません。

 

お見合いは、気を楽にして結婚相手だと思い込むことなく、お相手の性格と良いところを見るようにしてください。