お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

異性の友達ができますと、誰かに話さずにはいられません。
聞いていただく理由は、自慢したい気持ちや愚痴を言ってアドバイスをしていただきたいこともあります。

自分の判断が間違えていないかと確認をすることもあります。
「これでいいよね、間違っていないよね。じゃあ良かった」
恋愛経験の無い人にでも、自分が正しいという同調が欲しいということからです。
中学生や高校生の時には、お付き合いをしていない人も恋愛話は興味津々です。

婚活をされる人の中には、女子校から女子大学まで進まれてきた人は、男性とは一度もお付き合いをされてこなかった人も少なくありません。

男性との交際を禁止されていた女子校もありますので、お付き合いができなく男性との交際をしたことが無いということです。

でも、異性とのお付き合いをしたことがない人は、このような女子校で学んだ人だけではないです。

異性とのお付き合いは、周りの環境や出会いのタイミングもあります。
お友達から恋愛に発展する交際は、普段の生活からの出会いが多いです。

まちコンや出会い系サイト、自動車運転免許証等で身分を確認するだけの婚活パーティーなどで知り合った人との交際も、最初は友達からのお付き合いから始まります。

結婚を意識しておりませんので、気が向いた時にでもお会いできればいいと思っています。
暇つぶしのお相手と思っている人もいます。

このようなどうにもならない人とのお付き合いの愚痴を言っても、聞いてくれるのが友達です。

恋愛には、男女の駆け引きもありますので、友達との作戦会議も大切です。
慰められることも、力強い後押しも友達がいるからこそ、失恋も恋愛も心が挫けることなくいられることになります。

                

でも、結婚の相談相手となりますと友達は難しくなります。
お友達が恋愛しているときは、一緒になってお相手のことを話することも、いつでも友達としてどこかに一緒に出かけることができます。

お友達に結婚相手がいると、その友達がお相手のことを優先して、結婚相手ができるまではいつでも会えていたのに、会えなくなってしまいます。

仲が良かったお友達が、0結婚相手に相談するようになりますと、友達に相談することも少なくなります。

たまに結婚相手に対する愚痴を友達に相談しますと、お相手のことをあまりよくは言いません。
友達としては、いつも一緒にいたのに友達を結婚相手に取られた気持ちになります。
確かに取られました。

結婚を邪魔するのは、「友達」、「母親」、「自分」の3人が多いです。
上手くいく結婚も壊れます。

結婚のことを相談するのは、友達でも会社の上司や同僚でもありません。
この人達に話すと、面白おかしく噂が広まります。
家族に相談しますと、仕事や学歴、住まいや家柄等も比較されることがあります。

結婚相手の悩みやお付き合いの仕方の相談は、結婚相談所のプロが良いでしょう。

思いや行動は人それぞれですので、婚活されている人の様々な行動などをよく承知されていますので、アドバイスも的確です。

お友達としての恋愛は友達に相談して、結婚相手のことは結婚相談所にコンシェルジュに相談されることがいいでしょう。