お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

仲人型の結婚相談所では、お互いの仲を深める仮交際の期間と将来について話し合う真剣交際の期間があります。

ちなみによく質問がある交際期間は、真剣交際を含めて何ヵ月ですか?とお話を頂くことがあります。

原則的に仲人型の結婚相談所のルールでは、仮交際と真剣交際の期間を含めて原則3ヶ月ルールとなっております。

(交際状況に応じて相談所へ期間の延長相談は出来ますがどんなに延長しても最長6ヶ月でプロポーズを受けてもしくはして成婚退会かもしくは交際終了か白黒つけなくてはいけません。)

しっかりとしたルールの中での活動となります。

ではいったい結婚相談所の仮交際と真剣交際とは何か紐解いていきます。

仮交際について

男女間でお互い気になるとお見合いに繋がります。

お見合い後に、お互いを気に入ったら連絡先交換をして仮交際となります。

連絡先交換をした日が、仮交際の開始日となります。

仮交際は、普通の恋愛と同じで普通に仲を深めて距離を縮める段階です。

一緒にお食事に出掛けたりまたは色々なアミューズメント施設に出掛けたりして距離を縮めて恋を育んで頂く期間となります。

この時に、重要なのが毎日ラインやメールで連絡が取れたりすること。

また1週間に1度はお会い出来ていることも大切です。

理由は、仲人型の結婚相談所では複数の仮交際が可能です。

まだこの段階だとお互い一人に絞りきれていないのでご自身の仮交際相手にライバルがいる可能性があります。

なので毎日、連絡が取れる1週間に1度、お会い出来れば本命の可能性は高くなり真剣交際に移行しやすくなります。

真剣交際とは

お互い交際相手を1人絞りった状態で将来の話が出来るタイミング何かなると移行出来ます。

その際は、必ず真剣交際の申し出を男性もしくは女性よりお相手に伝えます。

お互いの承諾が得られれば、双方の相談所へ報告して真剣交際となります。

真剣交際になるとお互いのステータスはハートになり異性からは見られなくなります。

真剣交際は、お互いの将来設計について話し合って頂く期間となります。

結婚後はどこに住みたいのか?

またいつまでに入籍したいのか?

仕事はどうしたいのか?

子供はどうするのか?

など具体的な将来について話し合ってもらう期間となります。

真剣交際中に将来についての話し合いがお互い歩みよることが出来れば、お互い将来に安心が出来てプロポーズを受けるまたはする心の準備が出来て成婚となります。

もし真剣交際中に将来設計についての話し合いで歩みよることが出来なければ交際終了となりまたお見合いからのお相手探しとなります。

仮交際そして真剣交際を経て晴れて成婚退会となります。

ご参考にして頂けましたら幸いです。


☆結婚相談所の活動で必見アクセスの多い記事☆

1.結婚相談所のプロポーズ事情とはタイミングと事前準備が大切

2.就活も結婚相手を探す婚活でも親確(親の承諾)が必要なのか

3.一年以内に成婚を決めるお見合いの頻度とお付き合いの方法

4.結婚は条件だけで決められない幸せな家庭を築けるお相手とは

5.マル適マークの認証している結婚相談所は安心・安全

6.ご成婚のルールが、明確だからこそ誠実な結婚相手が見つかる

7.プロフィール写真の撮り方でお見合い申請数が違ってくる

8.実際の活動で成婚へ繋げるには、仲人のサポートも重要

9.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

10.仲人型の結婚相談所で婚活アドバイスを受けて交際成功