お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所でカウンセラーをさせて頂いておりますと、

初回のカウンセリングで多くの女性の皆さんが年収500万円以上を希望されます。

男性を選ぶ条件でそもそもその根拠は?考えたことがある女性は勿論、ほとんどいません。

ただ安定した生活を望んだ場合に、概ね年収が500万円以上だと安心という方が多いのが実情です。

実は、国税庁が実施している民間給与実態統計調査によると、平均年収は422万円(平成28年分)。

おおよそサラリーマンの平均年収よりも高い年収を望まれている女性が多い現状であります。

せっかく結婚するのであれば今の生活よりも豊かな生活を望まれているということです。

ただ気を付けなければならないのが、カウンセリングをさせて頂いていると希望する年齢を問わずを500万円以上の男性を望んでいる方が多いです。

特に、その根拠がないので時に活動で苦戦を強いられるケースもあります。

例えば、年収が40代~50代の500万円以上と20代~30代の500万円以上では、どのような婚活でもそうですが人数規模が大きく異なります。

一般企業で働いた時を考えた時に、同期の男性の年収がいくらぐらいか概ね皆さん検討がついてらっしゃるかと思います。

そこを考えて活動すると、明らかに20~30代で500万以上の方が多くないのは概ね検討がつきます。

もし年収が20~30代のサラリーマンでそれなりに高ければ、基本給だけでなく残業手当や休日出勤などそういったことも視野に入れて結婚相手選びをしていくことも大切になってきます。

特に、SEやゼネコンなどで働かれている人はそれなりに給与も高いですが残業なども多いケースもあります。

基本給が高い会社は、外資系金融機関などそれなりのリスクを背負って働かれている方もいらっしゃいます。

年俸制で実績が上がらなければ来年度の契約がないなど。

若い人で、年収が高い方はそれなりの何か秀でているものまたはリスクや労働時間などの負荷があったりします。

家庭と仕事の両立を考えてお相手を選ぶ時に、年収なのか時間なのかは、20~30代の男性を選ぶ時はそこらへんも加味する必要があります。

またある程度、キャリアを積んだ40代、50代の方でしたら会社に在籍している年数も長いですので蓄積したキャリアから年収が上がり500万以上で安定しているケースも多いです。

お相手選びの時に、年齢に対する年収をどう判断するのか。

お仕事に対する年収の裏付けを考えてお相手選びをすることも時に大切になってきます。


☆短期間で婚活成功!!する為に併せて読みたい人気記事☆

1.婚活で早く真剣交際になる人は

2.交際希望の連絡のパターン

3.男性または女性から結婚相手として選ばれることが成功の秘訣

4.婚活は見た目が肝心ということはプロフィール写真で選ばれるの

5.結婚相手への理想と現実のギャップの解決策を考える

6.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

7.お見合いで普通のお相手がいいけれど普通とはどのような人

8.結婚相手の年収は低くても、優しく真面目なら一緒に頑張れる

9.お見合い申請を積極的にする二つのタイプの違いと交際の方法

10.お相手の行動を気にしすぎてチャンスを逃がすのもあなた次第