お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

皆さんの中で結婚相手の男性選びで悩まれている方けっこう多いと思います。

一話していて楽しいけども本当に一緒に暮らして大丈夫だろうか?

また経済的には安定しているけども果たして家事はやってくれるだろうか?

正直、結婚をして一緒に生活しないとお相手の生活スタイルは見えてきません。

ただ結婚生活に適した男性かどうかは、お会いする前の婚活のプロフィールや普段のデートの中で見分けることは出来ます。

そこで今回は、結婚生活に適した男性の探し方についてという記事を書かせて頂きます。

結婚生活に適した男性のポイントをいくつか記載していきます。

 

ポイント1 家事の経験がある

炊事洗濯などひと通りの家事が出来る人は、分担して色々と手伝ってくれることが多いです。

一人暮らし経験があれば自ずと家事は身につきます。

 

ポイント2  夜の会食が少ない

夜の会食は、交遊関係の広い経営者の方や外資系の営業マンに多いのですが夜に人との接点が多い人は仕事の優先度や交遊関係の優先度が高く家庭の優先度が低くなります。

なので夜はしっかり定時に帰ってきてくれる男性を選ぶことで夫婦の時間が増えます。

 

ポイント3  ワークライフバランス

仕事の時間とプライベートの時間のバランスが崩れている人は高年収でもオススメしません。

自宅に仕事を持ち帰るまた仕事の話ばかりなど家庭生活にも波及します。

家族との時間をしっかりと作ることが出来るかどうかも男性選びで大切になります。

 

ポイント4  生活スタイルが近い

生活スタイルは、今までの生活で形成されています。そう簡単には日常を変えることが出来ません。生活スタイルが合わないとすれ違い生活になることもあるので起床時間や就寝時間などを確認し合うこともたいせつです。

 

ポイント5  適度におおらか

家事等などのこだわりが強いと、タオルの畳み方ひとつで喧嘩になることもあります。

それぞれ今までの生活スタイルが異なるのでお互いを許容出来るおおらかさがあるかも大切です。

細かすぎる人は選ばないようにしましょう

 

ポイント6 心身健康で自立している

心身健康で自立していることが大切です。

結婚相手に感情の起伏がある人を選ぶと家庭生活は大変なことになります。

家庭生活でご自身の心労ストレスも溜まりますので、デートをしていてちょっとしたことで怒りっぽい人や

一緒にいて気持ちの上下がある人はいくら好きでも結婚相手として選ばないことをおススメしております。

 

経済的に豊かな男性でも仕事が忙しく上記のポイントに該当しない人も多くいます。

家庭に割ける時間また一緒に過ごせる時間なども含めてお相手探しをして頂くと宜しいかもしれません


☆お見合い婚活で特にアクセスが多かった記事☆

1.長時間のお見合いこれって気に入られていることなの?

2.お見合いやお付き合いでの気遣いがお相手の印象を良くする

3.今だからこそ40歳代の男性の婚活の現状について

4.お見合いでの日程調整でお相手の印象を高める方法

5.お見合い申請を積極的にする二つのタイプの違いと交際の方法

6.交際やお見合いで振られた時の心のリセット

7.お見合いからデートの服装ギャップで交際終了させない為には

8.お見合いが終わってから駅まで一緒に帰る結果は良いか悪いか

9.婚活を親に相談しますか、それともしませんか

10.交際やお見合い結果で「お相手も同じ気持ち」の本当の意味