お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

「若い女性の方が成婚率は高い、、、そんなことは知っているいわ」と思われている方は多いかと存じます。

では40代以降の女性は成婚しづらいのか?と言われるとそうではありません。

40代以降の女性は、結婚相談所の活動結果の差が極端に出ます。

つまり20代、30代と同じ活動方法で婚活している人は成婚しづらいです。

逆に、若い世代と違う方法で活動している人は成婚している人が多いです。

ではどのような活動で40代以降の女性は活動しているのか?

そこで今回は、40歳以上の女性が短期成婚するための秘訣というお話をさせて頂きます。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

新しい出会いに邁進すべし!デート後の脈なしサイン

理想の年収と年齢どちらか選ぶ

40代以降の女性が、結婚相談所の活動で苦戦する原因は現実と理想のギャップです。

求めている理想の男性と会えなくて悩まれている方は多いです。

ギャップに悩む40代以降の女性の多くは、年近の年収600万円以上の男性を探しております。

年近の年収600万円以上の男性は、若い女性を希望しているのでギャップが生じてしまうのです。

年近の年収600万円以上という理想が譲れない人は、正直に結婚相談所の活動は長引きます。

ただ6~7歳の年上男性でも構わない女性は、年収600万円以上とマッチングしております。

また年収500万円以下の男性でも構わない女性は、年近男性と定期的にマッチングしております。

どうしても20~30代女性と比べてマッチングする男性属性は変わります。

その為、年収と年齢の両方を求めるというのは難しいです。

取捨選択が出来るかどうかが40歳以上の方の婚活では大切になります。

複数連盟に加盟している結婚相談所を選択

結婚相談所の連盟とは、中小結婚相談所が同じ会員データベースを共有する仕組みのことです。

つまり異なる結婚相談所同士の会員さん同士でお見合いを組むことが出来ます。

現在、最も有名な連盟の1つは、IBJ(85,855名2023年9月時点)となります。

他にもBIU(2022年6月約66,000名・提携連盟含む)、SCRUM(61,433名・2023年10月)

コネクトシップ(2023年9月30,467名)その他、数多くの連盟が存在しております。

その為、連盟によって属性も異なります。

20~30代中心なのか?また30代・40代が中心の連盟なのか?など。

複数連盟に加盟している結婚相談所に入会することで出会いの幅自体は広がります。

40歳以降の方は複数連盟に加盟している結婚相談所に入会する事は戦略の一つとなります。

再婚男性も視野に入れる

結婚相談所の活動の中で、初婚にこだわる人は一定数います。

もちろん30代前半ぐらいまでの男女でしたら周りも初婚なので拘っても問題ありません。

ただ3人に1人は離婚するという現代社会の中で、30代後半以降になると再婚希望で結婚相談所に入会される方は増えます。

つまり40歳以降の女性で初婚に拘ってしまうと、マッチング出来る男性の割合が少なくなります。

再婚男性も視野いれて幅を広げて出会うことが成婚への近道となります。