お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

「僕は君の何だったんだ! 保険!」宣伝にありましたね。
婚活でもこのようなことはあります。

婚活は、真剣交際や本交際でなければ、複数の人と交際ができます。

交際が長くなっても上手くいくとは限りませんので、目安とする交際3ヶ月でプロポーズをすること、プロポーズを受けることになります。

その前に交際終了となることもあります。

交際中は、結婚相手として見られるかを判断することになります。
交際するには、お見合いをして、またお会いしたいとお互いが思えれば交際になります。

真剣交際になるまでは、複数の人とお付き合いができますので、中には「保険」となる人もいらっしゃいます。

このような保険にならないようにするためには、楽しく過ごせるようにしなければなりません。
前のめりになって、ぐいぐい押すことも、連絡やお会いする間を空けてもいけません。

     


この保険は、男性がなるとは限りません。
女性も保険となっていることも少なくありません。

では、どのような状況で保険となってしまうのでしょう。
魅力や尊敬されるようなことはありますか。

婚活は他の人と比較されることがあります。
本命がいて、保険になってしまう人がおります。

ライバルに勝つには、その上をいかなければ最終的に選ばれません。
魅力は、外見的ことも内面的なこともあります。
必ずしも美男子とか美人ということでもありません。

外見は普通以下にならなければいいのです。
外見が普通と思われている人は、内面的な良いことを発揮されればいいです。
優しいことや、気遣いができること。
礼儀正しいことや、誠実なこと。

このような内面的なことをお相手等に表すことで、外見の普通を上回り本命として選ばれることにもなります。

保険を多くかけている人は、デートの日程調整が難しくなりますので、自分自身が保険になってしまうこともあります。
保険と思っていた人から、逆に保険と思われて、結局は保険と思っていた人に交際終了されることもあります。

保険をかけすぎの人は、いつまで経っても結婚できなくなる可能性があります。
早めに一人と向き合って、真剣に交際することが成婚への近道になります。

「私、器用ではないので、複数の人とはお付き合いできません。一人で十分です」
このような思いがご縁に繋がります。


役立つ婚活メソッド記事

1.婚活中に他の人と比較されて「保険」と判断される人とは

2.独身男女の婚活の優先順位は仕事の責任が重くなる前に考える

3.次のデートの約束ができる可能性の高い話題と話し方

4.結婚相手や交際相手と会っても好きになれない気持ちの理由

5.婚活でも数多くのネット情報の中から有益な出逢いを選択

6.交際やお見合いで振られた時の心のリセット

7.日常生活が変わるかも、婚活されている人の休日の過ごし方

8.結婚相手としての条件で譲れないことは外見か価値観か

9.結婚相手は自身と釣り合う人または理想条件の人どちらが良い

10.プロポーズをして二人が結婚を約束した後は何をしたらいいの