お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚は人生の区切りの一つでもありますので、入籍することや結婚式を挙げることが大切です。

 

結婚式には、いろいろな考え方があります。

お世話になった方などをおもてなしするために、食事や飲み物などで接待できるように結婚式をする。

二人に関係する人に来ていただき、成長した二人の幸せを祝福していただくために結婚をする。

二人に関係する方々の前で、将来をいつまでも一緒に暮らすことを誓うために結婚式をする。

 

結婚式は、自分たちが主役になれる大イベントです。

自分が主役でいつも中央に居られるのが結婚式です。

 

結婚式を挙げられる人の考え方は、成長を見守ってきていただいた方に、自分たちの幸せな姿を見ていただきたいことと、お世話になっている方におもてなしをしたいということから、結婚式を挙げたいということが多いようです。

 

結婚式にはいろいろな形がありますので、自分に相応な方法や夢や理想を叶える結婚式を挙げられる人もいらっしゃいます。

         

 

結婚は、人生の節目でもあり、夫婦として生活するスタートでもあります。

夫婦として生活をする決意としては、入籍という手続きがありあります。

 

夫婦として一緒になることは、お互いが愛を誓って、楽しいことも苦しい時も、お互いが分かち合い、支え合うことを誓うことになります。

 

結婚式では、ご出席していただきました方々に、二人が夫婦になったことを立ち合っていただきます。

二人の歴史的な瞬間に立ち合うということです。

でも、正式な立会人や保証人とは違います。

 

結婚して何年経っても、何十年経っても、「一生一緒に居るって誓ったので、どこでも一緒」という覚悟をもっている人も多いです。

自然とこのような気持ちになることが多いです。

 

転職や海外赴任でも、「いつまでも一緒に居ると誓ったので、不安だけれども応援する」ということもあります。

 

相談ができる人がいることや、応援していただける人がいることは、人生幸せなことです。

 

結婚は、お互いを応援することや、協力していただける人が側にいるということです。

一度の人生、幸せな生活をしましょうね。