お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス
婚活は、結婚をしたいと思っている人たちの活動の場です。
婚活されている人は、結婚相手を探す目的で真剣に出会いを求めています。

結婚相談所での婚活は、結婚相手を探すという目的ですので、遊び相手やお友達からのお付き合いを求めておりませんので、出会いから結婚までの期間は短いです。

その為に、いかに早く自分のことをお相手に知っていただくか、また、お相手のことを知るかが重要になります。

また、嫌いな人との結婚は難しいですので、お相手に好きになっていただけるか、また、お相手のことを好きになれるかになります。

ポイントはお会いする頻度です。

少し横道に逸れますが、「日本創成会議」の人口減少問題検討分科会の発表で話題にもなりましたが、2040年には全国1,800市区町村の半分の存続が難しくなるとの予測があります。

女性の人口が減り、少子化が進み、高齢化が加速することになります。

 

男性は結婚相手となる女性を選んでいられないですね。

男性は早く決めないと、女性に選ばれなくなります。

 

以前から、日本は高齢化社会に突入していることが懸念され、対策が課題になっております。
そのため、過疎化も進んでいる地域も多くなっています。
その過疎化の地域は、高齢者率が高く、人と関わりが少なくなっていて、高齢者の見守りが大きな問題になっています。

その高齢者には、息子や娘といった子どもがいる人も少なくありませんが、子どもは親元から離れて別に生活をしています。
お互いが心配していて、不安な気持ちも大きいです。

この不安な気持ちを少しでも軽減する方法として、連絡を取る頻度等がポイントになります。

                     

週刊誌の見出しに「親子の会話は長さより頻度が大事」、「親の遠慮と本音を見極める」とありました。

遠距離でも、電話やメールの頻度が多ければ、気兼ねなく連絡もできます。

連絡の頻度が少ないと、電話で長く話したとしても、長い文書のメールをしたとしても、少し距離があるように感じますので遠慮がちになります。

連絡の頻度を上げて、いつでも言いやすい状態にしておくことが、本音が言いやすいです。

 

婚活での交際も、人と人との関係ですので、早く親近感を得られるようにすることです。

期間が開いた長電話よりも、また一週間に一度の長いメールの文章よりも、頻度を多くして挨拶程度の電話やメールの方が、親しくなるには効果的です。

 

お互いが頻度多くして連絡を取り合うことで、お相手のことが分かり、親しくなるのも早いです。

週一度お会いするだけでも、頻繁に連絡を取り合うことで、いつも一緒に居る気分になっています。

 

お互いが早く親しくなれるポイントは、連絡をまめにすることです。

連絡をまめにすることで、気持ちも伝わります。

 

気が無い人も早く分かりますので、無駄な時間を使わなくてすみます。

 

頻度を多く連絡して、お相手の気持ちを量りながら、親しくなれるようにしましょう。