お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

お見合いやデートをしても進展しない方も多くいます。

結婚相談所に入会すれば、必ず結婚出来るものではありません。また結婚をしなければならないものでもありません。

ただ結婚したいと思う気持ちが婚活を成就させる可能性が高まります。

もしお見合いやデートをしてもなかなか進展しない時もあります。

そんな時は、大勢の異性の中から、お相手を選びがはじまりますが、実は選ぶのではなく選ばれる人になることがとても大切です。

 

選ばれる人は、どんな人なのか?お見合いやデートをした時に、お相手をマイナス視点ではなくプラス視点で考える人になることです。

その為には、お相手に2つ以上何かを『提供』たまに『お返し』があるかもという奉仕の精神で接することが大切になってきます。

多くの人が、せっかくしてあげたのにお礼がなかったなど、何か見返りがある前提でお相手と接していることがあります。

もちろん見返りで何かお返しを頂けることや労いの言葉をもらえることもありますがそこありきで物事を考えてはいけません。

選ばれる人になるには、何かを与える精神でいることが常に大切になってきます。

逆にお相手を選び続けている人はお相手も決まりません。

 

例えば、こんな質問がありました。

 

質問 ディナーで行きたい場所を提案したところ、そんな素敵なお店は記念日に行く所だよ・・・とお相手より言われてしまいました。私は普段のデートで行ける範囲のお店だと思うのですが、金銭感覚が合わないので交際終了にした方が良いのでしょうか。

 

答え ここでもし交際終了にしてしまうと自分視点で選び続ける人になってしまいます。

下記のような価値観に変換出来ると状況は好転します。

素敵なお店は毎回パートナーと行く必要はありません。

素敵なお店は同性の友人と楽しむことにする。またデートでは、たまに行ってみる程度でも良いかもしれません。

全て価値観が合うお相手を探すのではなく、お付き合いをしながらお互いの合致するところを探し合い、2人の距離を近づけていく努力が必要です。

 

お相手から与えられるのではなく自分自身の考え方を柔軟にすることでお相手を尊重し気持ちを汲む何かを提供する気持ちを持つことが、とても大切です。

選ぶではなく選ばれるにはどうしたらいいのか?という価値観で大きく活動は好転する可能性があります。

お相手の立場に立って考える何かを「提供」する精神を大切にすることで活路が開けるかもしれません。


☆結婚相談所ブログで特に反響が大きかった記事一覧☆

 

1.交際になったご縁が一回も会わずに消滅する理由

2.結婚相手は、完璧な理想に当てはまる人はいないから歩み寄り

3.お見合い申請を積極的にする二つのタイプの違いと交際の方法

4.楽しく交際できて次に繋がるデートをする話題とNGの話

5.結婚相談所でお相手が決まった人の選び方と付き合い方法

6.婚活は目標をしっかり立てて活動することで結婚を近づける

7.交際はお互いの気持ちの温度差があるときが危ない

8.ネット婚活から仲人型の結婚相談所に移る人が多い訳とは

9.交際中、お互いが連絡を取り合わなくなったときの繋ぎ方

10.お見合い調整でお相手に誠意を見せて真剣度を伝える方法