お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所で活動する時に、まず皆さん目に入るのはプロフィールとなります。

プロフィールを異性から気に入って頂けないとなかなかお見合いまで辿り着くことが出来ません。

別に月に数多くのお見合いが組めていく必要はないのですが。

積極的にお見合い相手を探している状態ならば月2件程はお見合いを組んで頂きたいと思っております。

もちろん理想と現実の乖離がありなかなか組めていかない人もいるかと思うのですが。

等身大で釣り合いが取れそうな人となかなかお見合いが組めていない現状が続くようでしたら注意が必要です。

どこの結婚相談所でも大体、お相手探しの検索システムで気になる条件で探していきます。

弊社でも結婚相談所の連盟システムをご活用頂いて条件検索でお相手を探して頂いております。

その中で一定の条件以上でしたらそれなりに検索で異性からプロフィールは見られます。

男性でしたら30代でしたら年収400万以上くらいから40代以降でしたら500万円以上から。

女性は年齢だけなのでプロフィールの閲覧率は男性よりも高くなります。

今は、検索条件で弾かれてしまって異性から該当しない人でも、連盟システムのAI技術によりお互いの好みの顔同士が合致していると条件が該当しない人でも上位表示にもされるようになってきております。

その為、現在の結婚相談所の優先順位は、第1にお写真、第2にスペック(年齢、年収、身長、学歴など)

第3に自己紹介文という形となります。

第1のお写真に力を入れずに、ご自身で調べて名の知れていない婚活スタジオで撮ってしまうと後々、結婚相談所の活動で苦労することになります。

一覧で上から順に写真が比較されて気になった人がクリックされる為、写真は最重要項目となります。

特に女性はお写真用のお洋服は私服なのでセンスも大切になります。

その為、私達の結婚相談所ではお洋服随行サポートや洋服セレクトのサポートも行っております。

そこでコケてしまうと鳴かず飛ばずのプロフィールとなってしまうので注意が必要です。

第2のスペックは、ご本人様がもっている実力の中で活動する形になるのですが、もし他の人と比べて不利だと

感じたらお申込みなどでカバーするほかありません。

私達も様々な条件下で活動されている方がいらっしゃるのでお申込み数は月200件までお渡ししています。

第3の自己紹介文については、ある程度、家庭的な側面が訴求されていれば大きく差は出ません。

ただし家庭的と相反(高額な趣向:海外旅行やダイビング)は家庭と相反するので避けた方が宜しいかと思います。

今、結婚相談所で婚活をされている方、これから活動を検討している方はまずは悔いのないお写真を撮ることをお薦めします。


☆お見合い交際での重要ポイント一覧☆

1.お見合いでの日程調整でお相手の印象を高める方法

2.遠距離交際のお相手と上手く結婚するための秘訣とは

3.お見合いが終わってから駅まで一緒に帰る結果は良いか悪いか

4.メールやラインで判断出来ない婚活コミュニケーション能力

5.お見合い申請を積極的にする二つのタイプの違いと交際の方法

6.長時間のお見合いこれって気に入られていることなの?

7.お見合い場所の雰囲気も大事なこと

8.デート中にお相手の距離感を知る方法は、一緒に歩く時の間隔

9.プロポーズからご成婚退会、親への確認は済んでいますか

10.楽しく交際できて次に繋がるデートをする話題とNGの話