お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報 

 30代半ばになって、リアルに焦りはじめて婚活をスタートして40歳目前で駆け込み結婚&出産を目指す女性の参入がさらに増えていきます。婚活をしているアラフォー女性が多い理由はここにあります。

 年齢に関わらず、結婚したら子供を持ち家庭をつくる、結婚と子供と家庭が密に繋がっているというのが結婚の図式です。この考え方は、男女ともに基本変わりません。

ただし女性は出産のリミットがありますので結婚に対するスピード感は、女性の方が圧倒的に高いです。とくに30代半ば以降の女性たちの切迫感はすごいものがあります。

ところが男性は、子供が欲しいのでなるべく若い女性を希望します。子供が欲しいという言葉を口にする男性が結婚相手として希望する女性の年齢は33歳以下です。

出産後のリスクや出産後の様々なことを考えたら男性がそう希望するのも仕方のないことです。

 

 結婚相談所や結婚情報サービスに入会したら、インターネットで会員検索してお見合いを申し込みます。

多くの女性は、「年収600万以上」「年齢33~44歳」「東京都在住の独身男性」といった項目を条件に検索するでしょう。

ヒットした中から写真を見て雰囲気を判断し、お見合いをオファーします。これが、結婚相談所や結婚情報サービスに共通したシステムです。

女性の場合の最優先検索項目は、「年収」です。結婚=安定ですので当然のことです。

ところが、男性の場合は、違います。男性の最優先項目は「年齢」です。ほとんどの場合は、33歳以下です。在住エリアが多少遠くてもなんでも、とにかく年齢でヒットした中から美人を選びます。

もし40代で美人は元ミスコン、年収800万の人が、年収1000万以上で37歳~43歳の男性を希望してもとても苦労します。

女性側からしたら女性の容姿やキャリアからさほど贅沢な望みではないのではと思ってしまうのですが、実際の現実は厳しいです。

  

 年収600万円以上の適齢期独身男性は、わずか5.7%しかいません。同じ女性の職場には、その条件の男性はいるでしょうか。

ほとんどの男性が既婚者です。なかなか現実問題、40代女性が一人で婚活するのは、難しくなってきます。だからといって諦めては決していけません。明日より明後日も若い今日が婚活記念日です。

 

☆「1年以内に運命の人と巡り会い結婚する為の婚活メソッド」100日の無料メールマガジン☆

 


 

☆婚活ブログ人気ランキング☆

 

1位  婚活市場では、結婚したい男性は「40歳で美人」よりも「33歳で普通」の女性を求めています

2位  婚活で早く真剣交際になる人は

3位  1~2回会っただけで交際終了はなぜなの? 

4位  交際中、男性のデート代金のお支払いで分かる相性や価値観

5位  交際終了のタイミングの判断の時期が結婚相談所では重要です

6位  手をつなぐタイミング

7位  35歳以上の未婚の娘を持つ父親の気持ち

8位  交際やお見合いのお断り、会って直ぐの連絡は気持ちが下がる

9位  婚活男性が勘違いする理想のお相手選び

10位  待ち合わせでお見合い写真と違うお相手への幻滅と嬉しさ