お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

「お見合いでは、素敵なスーツで爽やかな人と思えたのに、初めてのデートでダメージジーンズはないでしょう。いくらなんでも、私のお出かけ着のオシャレなワンピースには合わないでしょう。何か一緒にいて恥ずかしくて、気持ちが冷めてしまいました」
このような初デートで交際終了のお話は少なくありません。

お見合いは、普段に利用しているチェーン店のカフェではなく、あまりと言いますか普段は行かないラウンジで、お茶をする高級感があります。
その場所やお見合いに相応しい服装で臨みますので、服装にも気合いをいれて行きます。

素敵に見えますというより、素敵になります。

プロフィール写真からのギャップがあったとしても、許容範囲内であれば少しテンションが下がっても、次ぎに繋げることもできます。

初デートで、プロフィール写真とのギャップがもっと大きくなりますと、許容範囲を越えてしまいます。
お見合いで話題も尽きてしまっていれば、やっぱりという気持ちは尚更のことです。

初めてのデートは、まだプロフィール写真のことが頭にあります。
ラフな服装で行くような場所は避けることがいいです。

共通の話題が無い中で、街散策もあまり良くありません。
疲れるだけで印象も悪くなります。
ヒールのある靴を女性が履いていましたら、嫌がられることもあります。

初めてのデートの服装は、お見合いとのギャップが小さい服装が良いです。

デートの場所にもよりますが、お見合いのときの服装とのギャップが小さい場所を選びます。

              
 

少し、しゃれたお店でのランチもいいですね。
ランチをしながら、食べ物や旅行等の共通の話題を見つけて、2時間程度で切り上げてください。
共通の話題が見つかりましたら、お互いが行きたい場所を話すことが良いです。
食べ物が合えば、行きたいお店をチェックします。
行きたい場所の話が合って盛り上がれば、そこで次の約束ができます。

初めてのデートでは、自分が楽しくてもお相手は早く帰りたい気持ちかもしれません。

気疲れをしないようにしてあげることで次に繋がります。

沈黙の時間は気疲れします。

短めに楽しかたと思えることが大切です。

 

お仕事帰りでも、長くて2時間程度のお食事で切り上げましょう。

お仕事帰りの服装がラフな男性は、着替えて清潔感のあるクールビズが良いです。

女性は通勤用の洋服と仕事着に着替える人が多いです。

デートの時はいつもの通勤の洋服と違う人が多いです。

 

2回目のデートは、待ち合わせ場所だけではなく、男性は女性に行き先を伝えるようにしましょう。

場所によって女性の服装や靴が違いますので、男性は気をつかってください。

 

女性も男性もTPOをもう一度考えてみましょう。

時間・場所・場合に応じて態度や服装を使い分けることの大切さを分かる人になってください。