LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2014.08.25

婚活は「西高東低」!

北海道の網走・北見・紋別地方の今朝の5時24分の気温は12.2℃です。

だんだん寒くなりますと、冬型の気圧配置の「西高東低」という言葉を耳にすることが多くなります。まだ、ちょっと気が早いですが。

 

婚活も「西高東低」です。

当社が加盟しています「日本結婚相談所連盟」の現在登録され、婚活をされている方は、約5万3千人です。

特に首都圏の方が多く登録されています。

関東地方にお住まいの方(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)と近畿地方にお住まいの方(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県)を、婚活されている登録者で比較しますと、両地方の比較では、関東地方38.6%、近畿地方61.4%で、西側の近畿地方の婚活が活発にされていることが分かります。

婚活も「西高東低」ということになります。

 

その間の愛知県は、埼玉県・千葉県・京都府・奈良県の各県の約倍の方が婚活をされています。

結婚に意識の高い県とも言えます。

名古屋の結婚風習もお金がかかるということもありましたが、最近は以前より簡素化されているようです。

そういった昔からの名古屋の習慣や慣例、風習からか結婚に対する意識が高いこともあるでしょう。

 

埼玉県・千葉県・京都府・奈良県にお住まいの方の登録は大体同じくらいです。

東京都にお住まいの方と大阪府にお住まいの方とでは、約1.5倍大阪府にお住まいの方の登録が多くなっています。

大阪の結婚相談所には、個性的な経営者やカウンセラーの方がいらっしゃいますし、宣伝なども工夫されています。

多くの方が婚活をされている地域です。

 

関東地方には多くの未婚者が結婚を希望され、また再婚を希望されている方々います。

なぜ近畿地方より、結婚相談所で婚活される方が少ないのか?

収入低い、物価が高い、仕事が忙しい、周りの人がまだ結婚していない、婚活なんてとプライドが高い、結婚相談所の敷居が高いなど、いろいろなことが考えられます。

確かに東京都の初婚年齢は他府県等と比較しますと高いです。

                                         

結婚が全てではありませんが、国立社会保障・人口問題研究所の意識調査では「結婚する意思をもつ未婚者は男性86.3%、女性89.4%」と高い水準にあります。

 

自分自身の将来をもっと大切に思って、幸せな家庭を築いていただくためにも、私たちと一緒に婚活を頑張りましょう。

近畿地方の方も、東京の結婚相談所で婚活を頑張っている方もおります。

 

この調査は、お住まいの住所で地域を振り分けておりますので、入会されている結婚相談所の所在地ではありません。

必ずしも住んでいる地域の結婚相談所に入会しないとお見合いができないということではありませんので、近畿地方にお住まいの方も、関東地方の結婚相談所に入会されている方もいらっしゃいます。

東京都近郊に嫁ぎたい方にとっては、東京都辺りの結婚相談所の方がお見合い場所の手配や引き合わせもしていただけるので、選ばれる方もいらっしゃいます。

パソコンやスマートフォンなどで、全国共通のシステムからお相手を検索され、お見合い申請をしていただきますので、遠くの結婚相談所でも活動できます。

 

これからの秋の結婚シーズン頃には、多くの方が結婚相談所に入会されます。

ご自身に合った仲人型の結婚相談所を探して、結婚活動されるといいです。

東京でも料金が安く、安価になってきましたので、費用の心配をされなくても婚活ができるようになりましたので、親切でサービスの良い、そして信頼ができる結婚相談所で婚活を楽しんでください。

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日