LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2015.02.11

予習と復習でライバルにリードする

お相手のことは何も分からないです。

これは間違いです。

 

現代のシステムのお見合いでも、今までのお見合いでも、身上書という履歴書があります。

この身上書を見て、お会いするかを決めていますので、お相手のことを何も分からないで、お会いすることではありません。

 

お見合いでの話題は、趣味や仕事、休日の過ごし方が身近な話題になります。

「どのような趣味をお持ちですか?」と聞くと、お相手は「プロフィールシートに書いてあるのに読んでもいないのかな」と思われることがあります。

もう少し勘ぐれば、多くに方とお会いしているのでしょうから、誰の趣味が何なのかを忘れてしまっているのだろうな。と思われることもあります。

 

趣味の聞き方は、「旅行」でしたら、「旅行が趣味ということですが、どこに行かれたときが、一番印象に残りましたか?」というように、ご自身も旅行に興味があるような態度や言葉で示すことにより、親近感が湧いてきます。

ご自身も旅行に行かれた時の感想や、お相手の説明に共感されたりしますと、話題が膨らみます。

      島根県のご縁祈願(新宿にて)

休日の過ごし方でも、「カフェ巡り」や「美味しいものの食べ歩き」などが書かれてありますが、「カフェに行かれるようですが、紅茶がお好きなんですか?」と聞かれれば、「そうですが何でわかりましたか?」と返されますよね。

当てずっぽうで言えば、何でわかるのかなと、逆に気持ち悪がられます。

 

「今オーダーされたのは、紅茶でしたよね」と切り返せれば次は「こだわる種類は何ですか?」のように繋がってきます。

ダージリンかアールグレイなどの答えが返ってきます。

ご自分も好きなら共感され、味などを話すことも良いです。

 

そして、「お気に入りのカフェはどちらですか?」などと展開ができます。

 

1時間にいろいろなことを聞くには、事前情報は頭の中に入れておいて、それを基に話題を膨らませることが重要になります。

書かれていることを確認するのは時間の無駄と、お相手に対して失礼になります。

 

もし、書いてあることを聞かれた時のお相手の思うことは、「自分のことを何も分からないで、お見合いをされているのだな」と、印象は悪くなります。

 

プロフィールシートには、重要なお相手の情報が多くありますので、申請される時、或いはお受けするときには、読み込んでおきましょう。

 

さて、お見合いが終わり、お返事がきたら、そのお見合いの時にお話しをされたことを復習しておきましょう。

なぜならば、NGであっても次に使える話題が多くあります。

楽しそうにお話しをされたことは、次のお見合いでも使えることが多いですので、お相手の話しのつなぎ方などをおさらいしておきましょう。

 

お互いが交際希望であれば、お見合いで質問されたことやお相手が答えたことは、繰り返しのお話しになりますので、復習して初めてのデートではお話しをしないようにしましょう。

「その質問はお見合いの時に聞かれましたよ」なんて思われないようにしましょう。

 

プロフィールシートは、お見合い等での大事なアイテムです。

これを読み込むことで、「この方は自分のことを理解していただいている」ということで、真剣さがお相手に伝わります。

 

人気のあるお相手には、ライバルも多いです。

そのライバルから1歩、2歩とリードして引き離すためにも、予習をしっかりしてお見合いに臨みましょう。

きっと楽しくお話しができますよ。

 

もし交際に発展しなくても、これから現れる理想のお相手と成婚できるように、そのお見合いが無駄のないように復習をしておきましょう。

これで、あなたがライバルにリードできます。

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日