お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

「手を繋ぎたいけど、大丈夫かな?」
手を繋いで失敗することもあります。

「顔が近すぎて、気持ちが悪かったです。」

まだお付き合いをして間もないのに、馴れ馴れしい人がいます。

「やたらと触ってきます。手の指が細いねと言いながら、手を持たれました。」

「びっくりしました。急に手を繋ごうとされました。」

「こっちに来てと、肩を抱かれました。もう無理です。」

このようなことをして嫌がれますと、交際終了になってしまいます。

「結婚相談所の担当者が、3回目のデートで、手を繋いで親しくなってください。と言われたのに、手を払われました。」

お相手の気持ちや、その時の状況もあります。

仕事で辛いことや、嫌なことがあった後では、気持ちも落ち込み、手を繋ぐような気分でもないときがあります。



手を繋ぐことは、男性からだけということではありません。
女性から手を繋ぐことでもいいですね。

手を繋いでも、いいというサインが出ていることもあります。

このサインが、手を繋げるかの判断にもなります。

一緒に歩くときの間隔、距離に注目してみましょう。

気に入られていないときには、離れて歩るかれています。

少し距離をおけば、話も積極的にしなくてすみます。

気に入られているときには、お互いの間隔、距離が近くなります。

肩や腕がぶつかるときや、腕が触れることがあります。

歩きながら話をしていますと、熱心に聞こうと思って、顔が近くなることもあります。

興味や好感を持たれているときには、話を真剣に聞くために二人の間隔、距離が近くなります。

もし、一緒に歩くときの間隔、距離が少し離れていて、何気なくよそよそしい態度でしたら、手を繋ぐことは危険です。

歩くときの二人の間隔、距離が近くても、手を繋ぐことが出来ない男性もいます。

そのような時には、女性から腕を組んでみましょう。

お相手の気持ちは、歩くときの二人の間隔、距離に出ていますので、見極めてから手を繋ぐようにしましょう。

腕を組むチャンスも見極められます。

手を繋ぐことが出来れば、気持ちの距離も近くなりますよ。


☆併せて読みたい人気の婚活力アップ記事☆

1.婚活男性が勘違いする理想のお相手選び

2.待ち合わせでお見合い写真と違うお相手への幻滅と嬉しさ

3.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

4.35歳以上の未婚の娘を持つ父親の気持ち

5.メールやラインで判断出来ない婚活コミュニケーション能力

6.お友達では結婚を決められませんので短期でお相手を見極める

7.所得の高い男性の結婚相手の条件とは

8.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

9.結婚相手を選ぶ時に、容姿を高望みしすぎない。

10.婚活は見た目が肝心ということはプロフィール写真で選ばれるの