お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

「早く結婚したいです。でも結婚相談所で活動してお相手が見つかりますか?」

心配性でお相手への望みが高く、見た目は普通より、ややよいタイプの人が多いです。

一時期はモテていたこともあって、ちやほやされているうちに、いい歳になってしまいました。

そのようないいときの思いもありますので、少しプライドが高いことが婚活を難しくします。

活動する前から、不安な気持ちが全面的にありますと、婚活されていても自分の思うようにいかないときに、ネガティブに考えてしまいます。

今までの過去は心の奥に封印して、やってみなければ分からないと、ある意味割りきることが必要です。

こんな素敵な私なのに、何でいい人と早く出会えないのかと、焦ってしまいます。


              
「いい人がいません。結婚は無理なんでしょうか」

お見合い申請をいただいてもお受けしないで、ご自分が気に入ったお相手に申請をされるタイプに多いです。

申請をしたお相手には、ことごとくお断りされて、こんなはずではないと思っても、現実を知ろうとは思いません。

逃げ道は、「もう見尽くしました。いいと思う人はいません」

結婚への希望から、挫折してしまう手前にいる人です。

お相手への条件に拘りが強く、お相手との条件が合わないことがほとんどです。

このような人は、自分の価値が早くわかりますと、出会いも多きなります。

拘りが強くて、自分自身を見失っておりますと、活動を断念されて結婚はできなくなります。

数年経ちますと、婚活を諦めた自分に、後悔することになります。

「今からですと、結婚は遅いでしょうね」

結婚を諦めきれずに、将来の不安から焦る気持ちもあるタイプです。

30歳の女性でも、結婚が遅いと考えてしまいます。

平均初婚年齢からしますと、確かに遅いです。

平均から遅れているると焦ります。

何でもそうですが、平均よりはいい方でありたいと思います。

女性は30歳では、結婚は遅いということです。

40歳になりますと、親の健康のことが心配になって、面倒を見ていますと、誰が自分の面倒を見てくれるのだろうかと、心配になってます。

人生はあと半分ですので、今なら間に合う結婚を考えて、焦る気持ちが大きくなります。

このころになりますと、学生時代の友達は結婚されて、付き合っていただける人も無く、仕事と家の往復にジムやエアロビクスなどに通うくらいになります。

何かしていないと、気が紛れませんし、時間が潰せません。

こんな日常に焦りを感じています。

焦りは禁物ですので、落ち着いて婚活しましょう。

良いご縁に出会うまで。