お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

コロナウィルスの感染者も減少しはじめて首都圏でも緊急事態宣言の解除が近づきつつあります。

百貨店などの営業も開始され始めて街に活気が戻ってくるような気配が感じられます。

ただ自宅で自粛期間を過ごしてきた状況下で急に緊急事態宣言が解除されて街に出歩くことが出来るようになっても多くの人と接することに不安を感じる人は多くいるかと思います。

またデートではお相手への配慮や気配りなども試されます。

ただ実際に緊急事態宣言が解除された後に、どのような場所にデートに出かければ良いか悩んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、緊急事態宣言解除後の婚活デート場所はどこが望ましいですかという記事を書かせて頂きます。

まず皆さんが警戒する場所は密閉、密集、密接の3密が揃っている場所かと思います。

密閉で換気がされていないまた多くの人が集まっているまた人との距離が近い場所を避けたデートが必要になるかと思います。

それに加え6月以降は、本格的な夏に向けて気温が高まってきますのであまり暑い外での時間は避けていく傾向になるかと思います。

ではどのような場所が3密を避ける場所なのか。

首都圏に人口分布が近い関西都心部では、既に16日をもって緊急事態宣言が解除されております。

そこで段階的に解除されている大阪モデルを参考に記載させて頂きたいと思います。

まず大阪モデルでは、時間短縮での営業を許可された商業施設、映画館、博物館、劇場、大学、図書館、学習塾、大学などが初めに解除されました。

ここで気になるのが大型施設でも解除されている場所です。

特にデートスポットでよく利用されるのは映画館や博物館などです。

映画館は前を向いて画面に集中するので人と人との濃厚接触が避けられます。

また博物館は鑑賞が目的なので積極的に会話をして歩くというよりも移動しながら観てめぐるという動作になります。

また車を持っている人でしたらドライブデートも良いかと思います。

極力、都心部ではなく自然のあるところを目的地として日帰りで出掛けることで人と接することも少なくなるでしょう。

もしお互いの仲が深まっている状態でしたら自宅の近辺を紹介して巡るデートも良いかもしれないですね。

コロナの感染者数は減少傾向で状況は良い方向に変わっていますが今後はコロナへの警戒心は心にある状態での生活は続いていくかと思います。

コロナや世間の状況を見つつ行動範囲が広がっていくことを願っております。


☆お見合いや交際で特にアクセスが多い気になる記事☆

1.お見合い後の初デートで日程調整中に気持ちが冷める時

2.交際希望の連絡のパターン

3.待ち合わせでお見合い写真と違うお相手への幻滅と嬉しさ

4.お付き合いから交際終了へ

5.デート中にお相手の距離感を知る方法は、一緒に歩く時の間隔

6.お見合いでは飲み物を頼んだ直後の会話が交際への秘訣

7.お見合い申請の返事を待つのは時間の無駄その間、誰かに申請

8.あなたの歳の差の限界は何歳まで?

9.お見合い後に交際になったのに、一回も会えない事情とは

10.所得の高い男性の結婚相手の条件とは