お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所には年々、若い人の入会が増加傾向にあります。

その理由の1つにマッチングアプリの台頭があります。

マッチングアプリにより婚活が当たり前の時代になったことで結婚相談所にも若い人の入会が増えたのです。

今では、20代の方も当たり前のように結婚相談所で活動しています。

その為、結婚相談所の年齢が若いうちに早めに活動する事で良い結果も出やすくなります。

そこで今回は、30代男性が結婚相談所で活動するメリットについてお話させて頂きます。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

成婚退会する人は〇〇を守る!

20~30代女性の活動目的は子供を授かりたい人が多い

私達カウンセラーは、結婚相談所に来店目的を必ず聞きます。

20~30代の若い女性は、「子供を授かりたいので早く結婚したいと思ってからです。」と答えられる方が大半です。

女性だけでなく男性も子宝に恵まれやすい年齢はあります。

ただ女性の方が、出産リスクなどを考えて30代までに子供を授かりたいと考えます。

その為、20~30代中盤までの女性の方が同じ年齢層の男性よりも男女比率が高い傾向にあります。

つまり30代男性は売り手市場となる為、お見合い自体が組みやすい傾向にあります。

40代男性よりも求められる年収ハードルが下がる

結婚後の経済基盤を考えた時に、男性の年収は女性から求められる結婚条件の1つです。

その為、一定年収がお見合いを組む為には必要となります。

ただ女性から求められる年収が30代男性と40代男性では異なります。

30代男性の方が求められる年収が低くなります。

理由は、20~30代女性にとって好みの見た目や高い共感度を30代男性の方が得やすいからです。

その為、30代男性と結婚できるなら共働きでも構わないと考える女性が多いです。

つまり男性の若さが、年収など他の条件の緩和に繋がるのです。

話し合いで結婚後の将来像を構築しやすい

仲が深まってくると将来像の話をする機会が増えます。

将来像の話し合いが平行線で歩み寄れない場合、交際終了となります。

年齢を重ねるごとに、将来像の柔軟性がなくなり選択肢が狭まることがあります。

例えば、ご自身が20~30代の頃は、若かった親も70~80代と高齢になってきます。

つまり人によっては親の介護問題が生じているケースがあります。

結婚後に、親が高齢なのでゆくゆく一緒に住みたいなんて話はよくあります。

そうなると親との同居は、お相手が許容できず交際終了となるケースも多いです。

また年齢に応じては、それなりの貯金額を求められるケースもあります。

40代なのに貯金もほとんどしていないとなると金銭感覚にお相手に不安を覚えさせてしまうこともあります。

ただ30代の場合は、親もまだ介護が必要でない年齢でしたりまた貯金は一緒にしていこうと考えている女性も多いです。

その為、将来像の話になった時にお互い柔軟性をもって譲歩出来る部分も多くあります。

結果的に、若ければ若いほど、結婚後の将来像が想像しやすくなり成婚しやすいです。