お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

結婚相談所でカウンセラーをしていると様々なご相談を頂くことがあります。

とある女性から「何人もお付き合いしてきて恋愛経験はあるけど結婚はしたことありません。結婚相談所だったら結婚相手がすぐ見つかるかな?と思って来ました。」こんなご相談を頂いたことがあります。

実は、過去に男性にモテてきた人ほど結婚相談所では苦戦します。

何故なら恋愛するには良い女性だが、結婚相手とは違うと男性が判断されてきた可能性があるからです。

そこで今回は、男性から見て結婚相手と恋愛相手は何が違うのか解説というお話をさせて頂きます。

恋愛と結婚では法的かどうかが異なる

恋愛は、付き合ったり別れたりするタイミングは自由です。

特に浮気して別れたからといって法的な縛りがある訳ではありません。

ただ結婚は、法的にも夫婦となります。

その為、別れるとなると離婚となりバツイチになります。

また浮気など円満離婚でない場合はどちらかに慰謝料が発生する可能性もあります。

その為、結婚は恋愛とは異なる一生を添い遂げたいと思える人とする覚悟が必要になります。

男性が恋愛相手に求めていること

恋愛では、楽しさや刺激を求めている男性は多いです。

好きな趣味などを一緒に楽しむまた体の関係含め男女関係を目的に恋愛している人もいます。

まずは将来のことまでは考えずに寂しさも含め埋めてくれる一緒に過ごせる女性を欲しているのです。

多少我儘で相性や価値観が合わない女性でも美人だから好みのタイプだからという理由で受け入れる男性も多いです。

その為、女性が結婚したいと思っていても恋愛関係までしか考えていない男性も多いです。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

お見合いの成功率を上げたい男性が実践すべきこと

男性が結婚相手に求めていること

結婚は、一緒に暮らすなど共有時間は多くなるので安心感や癒しを求めている男性が多いです。

刺激よりも一緒にいて居心地が良いなど、結婚生活を想定できる女性を探す男性が婚活では多くなる傾向にあります。

その為、美人だからまた見た目がタイプだからという理由だけでは男性は結婚の決断をしません。

結婚相手探しには、相性や価値観等を重視している男性が多いです。

経済的な依存度と精神的な依存度で恋愛相手か結婚相手か変わる

「お互い支え合いながら笑顔絶えない家庭を築いていきたい」という将来像をもって婚活をしている男性は多いです。

つまり支え合うという事は、持ちつ持たれつのバランス関係を望んでいる男性が現代社会では多いです。

その為、お金の使い方や考え方などを男性は意外とチェックしています。

男性がデート代を全部払うべきだ!なんて奢るか割り勘問題なんてよくありますが。

恋愛相手でしたらデート代を男性が払っても問題はないです。

何故なら結婚生活の事まで考える必要がないので「可愛いからデートしたい」という一時の感覚なので楽しむために奢る事に抵抗がないからです。

ただ結婚相手として意識されたいとなれば、デート代も男性負担だけではなく女性側も一部は負担するなどそのような価値観は必要となります。

デート代を払わない女性だと、お金の話など経済的な価値観の擦り合わせになった時に、男性への経済的な依存度は高くなると予想されてしまうからです。

つまり経済的な依存度は、結婚生活のお金の使い方に価値観に直結するので女性側もデート代を負担することをお薦めします。

優しく頼れる男性を求めている女性は多いかと思います。

ただ我儘を聞いてくれる優しさや包容力を男性に求めると、恋愛相手までとなります。

正直に、子供を授かったりすると女性の我儘を聞いている気持ちの余裕は男性にはなくなります。

むしろ夫婦協力しながら家事や育児を分担していく機会が増えます。

つまり「気づいて欲しい」「察して欲しい」などの理由で感情が変わるような女性は、結婚相手として好まれません。

男性も気疲れしてしまうので一緒に暮らしていく事が想像できないからです。

建設的にお互いの価値観を擦り合わせ出来るような精神的にも自立している女性が結婚相手として選ばれます。