お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

「自分の年齢プラスマイナス3歳」「同い年~10歳下まで」この条件は、アラフォー婚活女性たちが多くが希望する男性の年齢条件です。現状と理想にギャップが多少なりともあるのが現実です。子供を産んだとしても成人前に定年にならない、夫婦の営みに伴う体力的問題、平均寿命(女性86歳、男性79歳)を考えると10歳下ならちょうどいいという考えていらっしゃる方が多いのも現実です。

 

ほとんどの男性は、若い女性を求めています。男性がまず見るのは「年齢」、次に「容姿」。ちなみに女性は「年収」「容姿」の順で男性を見ます。「40歳で美人」よりも「平凡な30歳女性」のほうが婚活においては勝ちなのです。

 

婚活業界のある大手企業は、「女性の年齢は1年で婚活市場で6歳、年齢を重ねてると同じです」例えば、33歳のときお見合いのお相手の年齢は40歳だったのに、34歳になると、46歳以上の男性からしかお見合いのオファーがない、ということ。35歳の女性へのお見合いオファーは、40代、男性までが大半で、それ以上の年齢の男性からのオファーはそうありません。ところが、40歳になると、50~60代の男性からのオファーが増えます。

 

 男性側が、年収が500万以下や外見がオジサン化していれば、彼等は40代女性も視野に入れます。なぜならそんな男性が30代女性にいくらお見合いのオファーをしても会えないからです。でも本音を言えば、30代女性と会えるなら会いたいはずです。失礼な話になるかもしれませんがこれが実情です。男性が望む伴侶の年齢は「自分の年齢を2で割り足す8歳」というデータだそうです。これで計算してみると、35歳の男性は、25歳の女性を好み。

 

 40歳の男性は28歳の女性を望むそうです。婚活の中でご自身がどの位置にいるのか自分自身の立ち位置はどこなのかをまず知ることが大切です。ただすべてがルール通りではないので、広い視野をもって沢山の人に会い、自分でいられるお相手とご成婚することがゴールに繋がります。

 

地道な努力が実を結びますので決してあきらめず継続してください。そのお手伝いを私達でさせて頂けたら幸いです。


 

☆注目のアクセスの多い婚活ブログ一覧☆

 

 1. 何ヶ月付き合っても結婚を決められない人とは

 2. 婚活中、女性の年齢価値は1歳上がることで6歳年齢を重ねる

 3. 結婚相談所で複数交際がお相手に気づかれる理由とは

 4. 自治体が運営する結婚相談所と民間の結婚相談所の違い

 5. 結婚相手を選ぶ時に、容姿を高望みしすぎない。

 6. 男性または女性から結婚相手として選ばれることが成功の秘訣

 7. 所得の高い男性の結婚相手の条件とは

 8. 交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

 9. メールやラインで判断出来ない婚活コミュニケーション能力

10. お見合い後に交際になったのに、一回も会えない事情とは