お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

午前中から昨日と土曜日のお見合いの処理をしました。

この二日間のお見合いで、交際に発展された方が三人おります。

とても嬉しいです。

 

お相手から「交際希望」をいただけると、本人はもとより私たちスタッフも嬉しくなります。

先ずは、お見合いが組めるかどうかですが、次に交際に発展するかということになります。

 

お見合いが終わってから、翌日の正午までにお見合いの結果を相談所までご連絡していただきます。

「お断り」の連絡はしにくいのか、なかなかご連絡をしていただけない会員さんもおります。

当社も当日に「お断り」をお相手相談所に入れることは少ないです。

なぜならば、考える余地も無いようにお断りをするのも失礼かと思いますので、お断りは、なるべく翌日の返事にしています。

 

「交際希望」の返事は、お相手からのお返事も大きく関係してきますので、いろいろなことからもシビアになります。

会員さんからの交際希望の連絡は、大きく分けて2つのパターンがあります。

一つは、お見合い終了後に早く結果の連絡が来るパターンです。

もう一つは、どうしようかなと迷うパターンになります。

 

最初の早くに交際希望の連絡が来るパターンは、お相手をすごく気に入った方ですので、早く報告をして、お相手の結果も早く知りたいということになります。

このような方への当社の対応といたしましたは、お見合い当日にお相手相談所に「交際希望」を連絡しております。

なぜならば、早く誠意を見せることです。

お相手相談所へ結果報告をされるお相手の方にも、こちらの思いが伝わることがあるからです。

 

当社の会員さんもそうですが、先にお相手の交際希望が入っていれば、お相手が「いい」とおっしゃっているなら、「交際希望」でお願いいたします。ということになります。

このことが、二つ目のパターンでの迷われている方であれば、お相手から交際希望が先に出ていれば結論は出しやすくなります。

 

交際希望を早く出しても、「残念ながらご縁がなかった」ということは、当然ありうることです。

ご自身の手ごたえは大きくても、お相手がありますので、ご自身が思うほどに上手くはいきません。

それはご縁がなかったということになります。

 

二つ目のどうしようかなと悩むパターンは、一つにはお相手待ちということです。

交際希望という考えですが、断られる気がするということでお相手の返事待ちということです。

ただ、お相手も返事待ちということも中にはありますので、お互いあまり長くはお返事を伸ばせません。

 

このパターンのもう一つは、理想のタイプとは少し違い、妥協をするかどうかということで悩まれる方です。

このような方には、このお相手とお見合いをされる前段もあります。

ご自身でお見合い申請をされていて、なかなかお見合いが組めない方に、お見合い申請があったから、受けてみたという方です。

せっかく申請をいただいたので、とりあえずは会ってみますという方です。

いろいろな方とお会いすることが、ほんとうに自分に合った方と出会えることでもあるので、お見合いをしてみたという方です。

 

このような方には、コンシェルジュがサポートさせていただくことになります。

婚活を悩みだされている方ですので、適切なアドバイスをさせていただいております。

 

土曜日にお見合いをされて、交際希望が叶った方から連絡が入り、次にお会いする日程が決まりましたという報告がありました。

今後も上手くいくことを願っております。

            


 

☆注目の婚活ブログ記事一覧☆

 

 1.  親に反対されて今年も独り

 2.  交際希望の連絡のパターン

 3.  結婚相談所の仮交際と真剣交際の違いと進展時期について

 4.  お見合い場所の雰囲気も大事なこと

 5.  帝国ホテル東京でのお見合いは自信を持って!

 6.  お付き合いから交際終了へ

 7.  あなたの歳の差の限界は何歳まで?

 8.  デート日程調整は、近い日程で必ず会うように心掛ける

 9.  気をつけよう、お見合い時のこの言葉に

10. お見合い後の初デートで日程調整中に気持ちが冷める時