LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2016.10.03

お見合いから結婚相手を意識する交際発展するには短期集中

もちろん初めての婚活なので多くいらっしゃいます。

普段の生活からの出会いは、まだ結婚を意識していない交際から始まります。

友達としてのお付き合いからですので、気の向いた時にお会いする約束をして、楽しくなければ、お付き合いをしなくなります。

結婚のことは考えないで、お付き合いを始めますので、遊び相手としてのお付き合いから始まります。

このようなお付き合いは、お相手のことをよく知らないで付き合うようになります。
勤め先の人でなければ、年収も家族のことも、学歴も趣味なども分かりません。

友達からですので、そこまでの情報は最初からは必要がありません。

でも、結婚相手となるときには、知らなければいけません。

娘さんにお父さんが、「どこの馬の骨かも分からない奴に娘を嫁にいかせられるか」と言われることがありますが、結婚相手として考えることになれば、お相手の素性を聞く必要があります。

そこでは、自分の理想の条件に合わないことも出てきます。

この時点では好きになっていることが多いですので、理想の条件が合わなくても、結婚されることになります。

相性が合えば、頭の中で考えていた理想とは違っていても、お人柄などで気が合えば、学歴も年収も、勤め先などもあまり気にならなくなります。

今から理想をいっても仕方ないということになります。

結婚相談所はプロフィールで条件を確認して、理想と思える人とお会いすることになります。

10歳代や20歳代でお付き合いをしていたことがある人には、結婚相談所での婚活に少し戸惑いがあります。

活動されている人は、結婚が目的で自分の理想となるお相手を選びお会いして、お付き合いが始まりますので、人によっては結婚への考えや住む地域、仕事への取り組みを聞かれることもあります。

また、2~3回お会いしますと、お相手から結婚の意思を確認されることもあります。

何回お会いしたら、結婚の意思を固められるのでしょう。

週1回お会いして2か月経てば、8回はお会いすることになります。

その間はメールや電話での連絡で、お互いを知ることができます。

 

2か月時点では、結婚相手として考えられるかの判断をします。

これからの1か月間で、お互いの結婚観が合うかを話し合うことになります。

住む場所や仕事のこと、結婚式や将来の夢などを確認して、ご成婚の運びになります。

 

早いようですけれども、お互いの基本的な情報はプロフィールで分かっておりますので、相性や生活感が合うかを一緒に過ごす中で確認をしますので、3~4か月で結婚の意思を固められます。

 

普段の出会いからしますと、婚活は結婚を意識してのお付き合いですので、この期間でも十分お互いのことが分かり合えます。

 

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日