LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2016.12.27

結婚相談所サービス

お見合いはお相手との日程や場所調整の時点から心象が決まる

お見合い申請をされて、お相手が受けていただけましたら、お見合いの日程調整が始まります。

お見合い申請を受けた人が、「希望日程」と「お見合い場所」を指定する権利を有します。

ここから、お互いの印象が良くなるのか、悪くなるのかの始まりです。

印象良くするポイント1です。

「希望日程は3日提案しましょう」

申請を受けた人が、日程を提案することになります。

提案する3日の内、1日の午前と午後を別ける人がおります。
確かに2回の希望日程を提案していますが、2日ではありません。

これでは、他にもお見合いをしていることや、お付き合いをしている人がいることを疑われてしまいます。

ピンポイントの指定では印象が良くないです。

一日程で、それも時間指定される人がおりますが、受けてあげた感が漂っています。
忙しいということよりも、真剣に日程調整をする姿勢が疑われてしまいます。

印象が良い日程の提案は、3日間全て終日で提案することが、お相手との調整がスムーズに進みます。

他の人とお見合いもしていないし、お付き合いをしている人もいないのではと、想像ができますので、安心してお会いすることができます。

ポイント2です。

「申請をお受けするなら早く、日程提案も早く」

申請をお受けするときには、申請を頂いてから3日、せめて一週間以内にはOKをしましょう。

申請をOKするのが1週間を越えることや、申請をOKした後で希望日程を提案しますと、相談所の取り継ぎが遅れることになります。

取り継ぎの流れは、所属される相談所が、会員さんからOKされたお相手を確認してから正式にOKいたします。

所属されている相談所がOKした時点で、お相手相談所が受けて頂いたことが分かります。

この時からお見合いの日程調整が本格的にスタートします。

印象が良いか、悪いかが判断される最初のやり取りです。

                 
ポイント3です。
 

「日程を提案されたら早く判断する」

お見合いを申請した人の対応がどうかということです。

 

お見合い以外にも予定がありますので、お返事は早くしましょう。

2日も3日も経ってお返事しますと、提案された日程に近づくことがあります。

明日や明後日の日程に近づきますと、提案されたお相手は他の予定も入れられません。

印象が悪くなります。

 

もし、提案された日程が都合が合わないようでしたら、自分の希望日程を3日提案してください。

 

ポイント4です。

 

「自分では行けない素敵なホテルを希望しない」

 

ホテルラウンジのお席は、男性が確保するような暗黙のルールになっています。

女性は行ってみたい素敵なホテルを希望することがあります。

高層階のラウンジは見晴らしがよく、雰囲気も最高です。

 

このようなラウンジは、お見合いで利用するよりもアフタヌーンティーに利用されていますので、予約で満席になっていることが多いです。

お茶代も値が張りますので、男性には負担が大きいです。

このようなホテルラウンジを希望された時点で、女性の印象は悪くなります。

 

お見合いの日程調整を始めた時点で、あなたの印象がお相手にどう思われるかは、あなた次第です。

☆併せて読みたい人気の婚活力アップ記事☆

1.婚活男性が勘違いする理想のお相手選び

2.待ち合わせでお見合い写真と違うお相手への幻滅と嬉しさ

3.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

4.35歳以上の未婚の娘を持つ父親の気持ち

5.メールやラインで判断出来ない婚活コミュニケーション能力

6.お友達では結婚を決められませんので短期でお相手を見極める

7.所得の高い男性の結婚相手の条件とは

8.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

9.結婚相手を選ぶ時に、容姿を高望みしすぎない。

10.婚活は見た目が肝心ということはプロフィール写真で選ばれるの

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日