篠原涼子さん45歳が雑誌の対談で、ずっと続けていることがあるから変わらないと言われていることがありました。

年齢で変わっていくことがあるけれど、努力をすれば変わらなくて済むこともあるようです。

40歳になって、何よりも体が変わりましたと言われていました。
代謝が下がって、太りやすくなった気がしているとのことです。

大切なことは、自分の体の少しの変化にも気づくこと。
そして、体重や鏡に写る自分の姿の変化に、気づくことも重要ということです。

特に、お気に入りの好きな洋服が、いつまでも着られることが、スタイルキープやモチベーションが保てるようです。

また、香りも大切だと言われていました。
気に入った香りに包まれていますと、安心できて、自然と周りの人に優しく、穏やかになる気がするようです。

アロマオイルをカーテンに垂らすことで、風が流れるたびに室内に香ると、リラックスできるようです。
カーテンを洗うだけで、違う香りが楽しめることと、カーテンを洗うことで、気持ちもお部屋も清々しくなる効果もありますね。

自分の気持ちも、体も若々しく保つには、目的を持つことと、自分自身を見つめる時間が大切です。

忙しい毎日を過ごしているからこそ、自分を見つめる時間が大切です。

忙しい毎日の心を癒すのも、自分からの行動です。
毎日をこなすような生活から、一つでも楽しめることかあると生活が変わります。

        


一番変わるのは、気持ちと時間の使い方です。
リフレッシュできるようなことをすることで、考え方も変わってきます。
また、鏡に写る自分を毎日見ることで、体形などの変化に対応し、人に羨ましがれる自分に変われますと、自分に自信を持つことができます。

いつも人から見られていることを忘れないことです。
逆に見て欲しいというような気持ちになることが大切です。
そのためには、魅力をつくることです。
おしゃれをすることです。

年より若々しく見せるには、いつまでも体形を維持することです。
他の人に疲れを見せないことが大切です。

他の人から良く思われることや良く言われることは、自分に自信を持つことができます。

体形の変化に気をつけて、自分が楽しめる時間をつくって、心にゆとりを持ってください。

気持ちをリフレッシュできる時間を持てるかが、いつまでも人から羨ましく思われるポイントです。