お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

長く付き合わないとお相手のことが分からないですというご相談があります。

仲人型結婚相談所の交際期間は、原則3か月ルールまたどんなにお付き合いが長引いてもトータルで

6か月以内には成婚するかしないかの結果が求められます。

交際期間に決まりがある理由は、成婚までの期間の意識を合致させる為です。

例えば、お付き合いをしている中でAさんは1年以内に結婚したい、Bさんは2年以内に結婚したいと考えた時に、期間が合致しなければ将来設計に温度差が生じてしまいます。

その為、仲人型結婚相談所では交際期間に統一ルールが存在しております。

限られた期間の中で仲を深めていく必要があります。

仲を深めていくことに必要なことは、会う頻度と連絡頻度です。

1週間以内に少なくても1回はお会い出来る。

かつ毎日、ラインやメール等の連絡が出来る方が現れたらその交際に集中していくことが大切です。

いくら交際期間が長く続いても2~3週間に1度しかお会い出来なければ前回、何を話したのかうる覚えになります。

なかなか気持ちも盛り上がってこないので単にデートを繰り返しているだけの時間が過ぎていきます。

そうなると不安となり他の人を探しはじめます。

一つの行動パターンとしては、新しい方との出会いを求めお見合い日程をどんどん詰め込んでいきます。

新しい出会いはあるけども容易にデートの予定を合わすことが難しくなり他のライバルに交際相手を取られてしまう形となります。

結局のところお見合いと交際ループとなり何人お会いしてもなかなか結果に結びつきません。

交際進展している方の傾向を見るとマメな男性や女性は、連絡頻度が高いので発展率も非常に良いです。

連絡を早く頂ける方は、お相手へ好意も伝わるのでデートのお誘いを受けやすいまた誘った時の反応も良くなります。

またデートの為に、時間を合わせる努力をすればお相手からも更に好印象となります。

もちろんデートの時間も合わせていく気持ちがある方がお相手へ熱意も伝わるので交際発展率は高くなります。

意外と当たり前のようなことですが、結婚相談所の中で出来ていない方も多くいらっしゃると思います。

お相手を探していく中で自分に合う人がいるかもしれない、また日頃の忙しさの中で毎日、連絡を取るのはおざなりになってしまっている。

リセットして新しい人を探すことも大切ですが、1つ1つの交際に向き合い連絡の頻度、お会いする頻度を上げていくこも大切です。


 

☆婚活力が向上するアクセスが多かったブログ一覧☆

1.手をつなぐタイミング

2.お見合いやお付き合いでの気遣いがお相手の印象を良くする

3.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

4.お見合いで普通のお相手がいいけれど普通とはどのような人

5.気をつけよう、お見合い時のこの言葉に

6.お見合いでの日程調整でお相手の印象を高める方法

7.お見合い後の初デートで日程調整中に気持ちが冷める時

8.何ヶ月付き合っても結婚を決められない人とは

9.交際相手と会う頻度とメールのやり取りで本気度が分かる

10.婚活中、女性の年齢価値は1歳上がることで6歳年齢を重ねる