お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

婚活をするならなるべく早く結婚を決めたい男性は多いかと思います。

出来れば婚活を始めて1年以内、欲を言えば半年以内に結婚したいなんて方もいると思います。

ただそうは言っても闇雲に女性とお会いするだけでは結果は得られません。

早く結婚したいと考えたら効率的な婚活は必要不可欠です。

ではどうしたら早く結婚できるのか?

そこで今回は、最短で結婚した男性の婚活攻略法4選で解説させて頂きます。

デート日程調整が上手

交際には熱量があります。

交際の熱量が高いうちに積極的にお会いしていかないと関係性が冷めてしまうことよくあります。

特に婚活のような結婚を決める活動においては、信頼関係の構築は必要不可欠です。

その為、デート予定がすぐ組めないお相手の優先順位はすぐに下がる傾向にあります。

例えば、よくある男性のデート日程の決め方のNG例があります。

「私は来週の10日空いているけども〇〇さんは日程空いていますか?」とライン等で聞く方法です。

一見、空いている日程を提示している男性は親切に見えます。

ただあくまで男性の空いている日の都合であって女性の都合ではありません。

更にこの場合は、10日という1日だけのピンポイント提示となります。

女性が「10日は予定があって難しいです。また機会があれば」

なんて言われたらその時点でこの関係性は詰みます。

ではどうしたら意中の女性とのデート日程調整で失敗しないのか?

答えは簡単で女性の希望日程を聞けば良いのです。

女性が空いている日程に男性が合わせていけば日程調整で失敗する可能性は大きく下がります。

もしデート希望日程をなかなか提示しない女性なら脈がないということも分かります。

早めに関係性を断ち切り次の出会いに邁進すれば良いだけです。

最短で結婚している男性はデート日程を女性に合わせて信頼構築をしております。

仮交際に全集中

結婚相談所の活動には仮交際という制度あります。

お見合い後に男女双方が気に入れば連絡先交換になり仮交際へと発展します。

仮交際とは友達以上また恋人未満の関係となります。

仮交際中は、お見合いを継続しても同時進行で別の人と仮交際をしても問題ありません。

つまり結婚前提のお付き合いに進展するまでは、色々な人を比較し続けることが出来ます。

ただ色々な人と仮交際に発展しても成婚(婚約)できる確率が上がる訳ではありません。

例えば、女性からこんなご相談を頂くことがよくあります。

「今、仮交際中の男性ですがデート日程が2週間以上も先になります。」

「きっと私以外の女性とも会っているのだと思います。気持ちが盛り上がりません。」

また「彼が質問を投げかけてくれるのは嬉しいのですが。同じ質問が何度かありました。」

「きっと私以外の女性ともお会いしているので質問したことを忘れているのだと思います。」

このように色々な人と仮交際をしていると気持ちが分散してほころびが生じます。

女性は将来的に浮気しないかをチェックしている為、結婚相手に誠実さを求めている人も多いです。

仮交際といえ真剣に向き合ってくれる男性かどうかを非常に気にしています。

その為、他の人と比較されてぞんざいに扱われていると感じた女性はすぐに仮交際をお断りします。

一見、色々な女性と仮交際をすることは保険をかけて安全に見えます。

ただ最終的に誰とも仲良くなれず交際終了になる可能性は非常に高いです。

最短で結婚している男性は、仮交際は多くても2名まで。

数回デートしたタイミングですぐに1名に絞っている方が早く婚活で結果を出している傾向にあります。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

年収・学歴・身長は一切関係なし!結婚相談所で成功する男性

内面重視

私達の結婚相談所で男性会員さんのお見合い申し込み履歴を見ていると。

どうしても若い方や美人へお申込みが偏ってしまう傾向があります。

男性の場合は、お相手選びを見た目から入る方が年齢問わず多いです。

男性は外見重視の方が多いのです。

逆に女性の場合は、お仕事を頑張っているなど男性に尊敬できる部分があると惹かれる方もいます。

見た目のタイプから外れていても信頼できる男性と認めた場合は結婚しています。

女性は内面重視の方も多いです。

つまり男性の方が女性より異性の顔やスタイルを気にする人が多い傾向にあります。

勿論、結婚相手は美人に越したことはありません。

正直に、友人に紹介するときに自慢できる!なんて思うこともあるでしょう。

ただ外見重視思考だと当たり前ですが婚活は苦戦します。

何故なら見た目タイプかつ性格も合うとなると結婚へのハードルが高くなるからです。

結果的に、見た目で絞らなければ女性と会える確率は高まるので早期で結婚が決まります。

売り手市場の年齢

皆さんは婚活をする年齢のタイミングを気にしたことはあります?

「女性は若いうちでないと婚活が難しくなると言われているけど、男性は何歳でも大丈夫でしょ?」

なんて思われている男性もいらっしゃるかと思います。

しかし、それは違います。

男性も一定以上の年齢を重ねていくと結婚できる可能性は徐々に下がっていきます。

では男性が売り手市場になる年齢はいくつなのか?

概ね20代後半から30代中盤までの男性は結婚相談所のような真剣婚活では売り手市場となります。

理由は、子供を授かりたい20代、30代の女性が将来を考えて結婚相談所に駆け込み入会するからです。

ただ世の中では、20代後半から30代中盤までの男性はまだ自由でいたい結婚したくない方も多いです。

その為、結婚相談所のような真剣婚活では20代から30代中盤までの同年代男女の人数比を比較した時に。

圧倒的に女性人数の比率が高くなる傾向にあります。

つまり仕事も安定し始める20代後半から30代中盤までの男性は売り手市場となります。

勿論、女性比率が高ければ早く結婚できる男性は増えます。

結果的に、20代後半から30代中盤までの男性は婚活で早期結果を出している人も多いです。

早く結婚したいと思ったらアラサー前後で男性も結婚相談所のような真剣婚活に切り替えることをお勧めします。