お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

IBJのお相手検索システムでは、2023年の時点で80000人以上の結婚相手を探している会員が登録されております。その為、毎日かなり多くのお見合いが多く実施されております。

多くのお見合いが円滑に実施される為に作られたのがお見合い緊急連絡ツールです。

お見合い緊急連絡ツールとは、IBJアプリを利用してお見合い当日にお相手と直接チャット出来る機能となります。

具体的には、お見合い会場でお会いできない時または15分以内の遅刻の時にメッセージを送れます。

ではどのようなメッセージを送るとお相手に効果的なのか?

そこで今回は、IBJのお見合い緊急連絡ツールを使って好印象を勝ち取る方法というお話をさせて頂きます。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

成婚するには事前開示が必須!3つの価値観とは

服装や持ち物を伝える

お見合いは、京王プラザホテルの喫茶ラウンジまた椿屋コーヒーなど大体使われる会場は決まっております。

その為、お見合い現場にはかなり多くの人がいます。

つまり初対面で、すぐに見つけることが難しかったりします。

そこで役に立つのがお見合い緊急連絡ツールです。

例えば、女性の場合は水色のワンピースに茶色の手さげバックと手にはハンカチを持っています。

また男性の場合は紺のスーツに白のシャツで赤のストライブのネクタイをしています。

なんて緊急連絡ツールにて事前に伝えるとお互い見つけやすくなり安心してお会いできるので好印象です。

5分以内の遅刻でも必ず伝える

お見合いでは、時間前に行くことがマナーです。

ただ電車の遅延やトラブルなので遅れてしまうことはあります。

その時に、お見合い緊急連絡ツールを使うか使わないかでお相手からの印象は変わります。

例えば、電車の遅延で5分程度お待たせしてしまいます。

大変申し訳ございません。今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。

と一言入れておくことで遅れる時は連絡を入れる誠実な人という印象が芽生えます。

ただ何も連絡を入れず5分でも遅刻する人は、待たせている認識がないという判断をされます。

その為、お見合い前から印象は悪くなります。

必ず5分以内の遅刻であってもメッセージで伝えましょう。

席を確保した旨の連絡を入れる

土日のお見合いでは、席が混雑していることが多いです。

早めに行かないとお見合い時間までに席を確保できないことがあります。

その為、20~30分前にはお見合い会場に到着して席を確保しておくとスムーズです。

お見合いの席を事前に確保したら緊急連絡ツールで一報入れておくと効果的です。

例えば、早めについたので事前に席を確保しておきました。

着きましたらご連絡頂けましたら幸いです。

足元にお気をつけてゆっくりお越しください。

など連絡を入れておくとスマートです。

ただ席を確保した旨をお見合い30~40分などあまりに早く連絡してしまうとお相手が焦ってしまいます。

その為、出来ればお見合い開始10分前ぐらいに連絡を入れると好印象かと思います。