お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所の活動の中で早く結婚相手が見つかって成婚退会する女性はいます。

その中でも半年以内で成婚する女性は活動パターンが似ている人が非常に多いです。

半年以内に成婚出来る女性は何を意識して活動しているのか?

そこで今回は、半年以内に成婚退会する女性の共通点についてお話させて頂きます。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

IBJのお見合い緊急連絡ツールを使って好印象を勝ち取る方法

 

3回目のデートまでに真剣交際または断るか判断

何度デートをしても交際が進展しない人は結婚相談所の中で多いです。

理由としては、結婚相手を探す活動になるのでお相手選びに慎重になるからです。

結局、長く交際をしても決断出来ずに友達交際を続けてしまう女性が結婚相談所では多いです。

友達交際を続けている女性は、スペック重視で好きでなくても交際を断わらない人が多いです。

ただ進展しなければ時間が勿体ないです。

早く断って次の出会いに邁進した方が良いです。

逆に、半年以内で成婚退会する女性は2回目ぐらいで脈がないと判断すると断ります。

また3回目のデートをする時には、真剣交際の覚悟が決まっています。

早期に脈があるかどうか判断して決断出来ることが半年以内で成婚する秘訣となります。

将来設計のこだわりがない

交際が深まってくると、将来設計の話をする機会が増えます。

例えば、結婚後の働き方や住まいの事また経済的な価値観等など。

そこで折り合いがつかず交際終了するケースは多いです。

つまり将来設計のこだわりが強い人ほど話し合いが上手くいかず婚活が長引く傾向にあります。

例えば、夫婦別姓を希望や婿養子を希望の女性なんかは、こだわりが強いので受け入れてくれる男性を探すのに苦労します。

逆に、結婚後に全国転勤について行っても良いまた働き方はお相手の意向に合わせる女性などは、こだわりがあまりないので誰とでも成婚退会しやすいです。

半年以内で早く決まる女性は、皆さんが苦戦する将来設計の話し合いをこだわりがないので簡単に乗り越えます。

その為、早期成婚が可能となります。

加点方式

半年以内に成婚出来る女性は、男性の良い部分を見つける加点方式なのでデート重ねるほど、親しくなれます。

つまり加点法の人は交際の熱量を上げていく事が出来るので結婚相談所に何度入会しても成婚出来ます。

逆に、減点法で男性をみている女性はデートを重ねるにつれて気持ちが冷めていきます。

ちょっとした言動や行動が気になり始めて、交際を進めて良いのか不安になっていきます。

つまり減点法の人は不安から成婚の決断が出来ませんので婚活が長引きます。

早期成婚したい女性は、いかに加点法の価値観になれるかどうかが大切です。