お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所で成婚できるかどうかは、様々な要因によっても異なります。

では具体的にどのような行動や価値観で成婚率が左右されるのか?

そこで今回は、結婚相談所で成婚出来る人と出来ない人の違いについて解説していきたいと思います。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

女性が結婚相談所で成婚したいと思う決め手とは

成婚できる人の特徴

明確な目標

成婚できる人は、自分の価値観や理想の結婚生活についての考えをもって婚活に臨んでいます。

例えば、子供のいる家庭を想像して活動をしている。

また夫婦二人で旅行などを楽しむ姿を想像して活動をしているなど。

結婚後の生活を具体化すること婚活を継続する事ができるのです。

積極的で前向き

積極的で前向きな姿勢を持ち、新しい出会いや結婚に対する期待を持っています。

お見合いや交際で上手くいかない困難な状況にも気持ちを切り替えてポジティブに対応します。

その為、前向きな人ほど過去を振り返らず新しいご縁に前向きになることが出来ます。

コミュニケーションスキル

婚活においては、楽しく会話を盛り上げる能力は必要不可欠です。

お相手との距離感や空気感を読みながらコミュニケーションを大切にします。

例えば、自分の意見を伝えるだけでなくお相手の意見にも耳を傾けて傾聴力も高い傾向にあります。

つまり会話の中で適切に気持ちを伝え、相手の意見を尊重しますので関係性も深まりやすくなります。

自分を大切にできる

自分を大切にし、自分の幸福も重要視します。

つまりお相手探しにおいても結婚した時に自分自身が幸せになれるかを重視します。

好みの見た目やスペックではなく価値観が合うかを重視してお相手を探す事ができます。

その為、無理にお相手に合わせることなく自然体で自分に自信を持ちながら、お相手と仲を深めることが出来ます。

お相手に対する理解と尊重

お相手の意見や価値観を理解し、尊重することは結婚生活において必要不可欠です。

つまり異性の気持ちが理解できる人は交際進展しやすいです。

自分の考えだけではなくお相手の考えも理解しようとする姿勢が良好な関係を築きます。

柔軟性と忍耐力

結婚相談所で活動する中で成婚までには時間がかかることもあります。

自分自身の価値観を押し通すのではなく、お相手への価値観に共感するなど柔軟性を持つことが大切です。

また婚活が上手くいかない時も忍耐強く活動を進めていく事が重要です。

成婚できない人の特徴

結婚目的が不明確

成婚できない人は、理想の結婚生活など結婚目的が明確でないことが多いです。

例えば、何となく周りが結婚しているので婚活をしている。

また親が心配するので婚活をしているなど。

目的が明確でないと何のために婚活をしているか分からなくなるので挫折しやすい傾向があります。

マイナス思考

否定的な意見や考え方を持っている人は、結婚相談所での活動で苦戦します。

例えば、「今交際している人と結婚しても細かいことがきになって上手くいかないだろう」

「お見合いや交際でフラれている理由は、見た目がよくないからだと思う。」

どんな状況下においてもマイナス思考が強く、前向きなアプローチが難しいことがあります。

結果的に、前向きな会話が出来ずお相手との距離が縮まない傾向にあります。

コミュニケーションが苦手

他人といるよりも一人でいる方が気楽で好きという人は注意が必要です。

そのような人は、ほとんど一人行動で人と話すのが苦手という人はいます。

結果的にコミュニケーションスキルが不足して、相手との対話が難しい場合があります。

自分を犠牲にする傾向

スペック重視の婚活をしている人ほど、フラれたくないという想いから自己犠牲をしてお相手に合わせてしまう傾向にあります。

結果的に、自己主張が出来なくなり我慢する婚活が続きます。

お相手への理解が不足

結婚相手を見つけるには、お互いの価値観を理解し合うことが必要不可欠です。

ただ自分自身の要望だけでお相手の意見や価値観を理解しようとしない人は一定数います。

そのような人は、理想が高くなり結婚できる可能性が低くなります。

焦りや不安

成婚出来ないことに対して、焦りや不安を感じることがあります。

焦りや不安が先行してしまうと、とりあえず数多くのお見合いをすることばかりに注力してしまい、

お相手のことを知ることや仲を深めることに注力しなくなります。

深いつながりよりも浅いつながりばかりとなり結果が出なくなるので注意が必要です。