お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚するまでは尽くしてくれたし優しかったのに、結婚した後に態度が変わってしまった。

なんて経験は皆さんしたくないかと思います。

その為、結婚前に出来る限りお相手の本質を理解したいのは誰しも同じです。

ではどのようにして自分を大切にしてくれる人を見抜くと良いのか?

そこで今回は、結婚後も大切にしてくれる人の見極め方というお話をさせて頂きます。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

相性の合う結婚相談所の選び方

思いやりのある行動

大切にしてくれる人は、他人の気持ちや状況に気を配り、思いやりを示します。

相手の感情やニーズを理解する能力が高いです。

人の気持ちが分かるので、誰に対しても嫌だと思われる言動や行動を避ける傾向にあります。

その為、デート中にトラブルがあってもお店の店員さんに対しても丁寧な対応が出来ます。

逆に、結婚後に変わってしまう人はデートでトラブルがあった時に冷静な対応が出来ません。

お店の店員さんに対して愚痴や厳しい対応を取ることがあります。

デート中の姿勢で観察していきましょう。

共有する時間と努力

大切にしてくれる人は、お互いの関係を大切にし、共有する時間や努力を惜しまない傾向があります。

付き合いが長くなってもデートの時間を長めに確保してくれるまた日程もマメに合わせてくれる。

また連絡の頻度を落とすことなく定期的にラインを送ってくれるなど。

共有する時間や努力を惜しまない傾向にあります。

逆に、付き合いが長くなってきたらデート時間を長く確保してくれない。

また連絡もあまりなく、会える日程も少ない。

そのような人は、釣った魚に餌を上げない手を抜くタイプなので結婚したら後悔します。

付き合ってからの態度で、結婚後も大切にしてくれるか見極めていきましょう。

助け合いやサポートをする姿勢

大切にしてくれる人は、パートナーや周囲の人々を支援し、助け合うことを大切にします。

自分が悩んでいる時に、他人の手助けを惜しまない態度が見られるかどうかを観察してみましょう。

親身に悩み相談に乗ってくれる人なら結婚後も同様にサポートしてくれる可能性があります。

また結婚は、お互いの家族も関係していきます。

積極的に、自分の家族にも関わろうとしてくれるなど家族のことも大切にしてくれる人か見極めていくことが大切です。

自分自身も優しさを示すこと

最も重要なのは、相手に優しさを求めるだけでなく、自分自身も優しさを示すことです。

お互いが思いやりを持ち、相手を尊重し合う関係が築けるかどうかを考えていくことが大切です。

「他人は自分の写し鏡」という言葉があるように、優しく接すれば優しさが返ってきます。

自分が厳しく接すれば、お相手も厳しい態度になります。

結婚後にお相手が変わったとしたら、自分自身が変わってしまったからの可能性も十分にあるのです。

結婚後も変わらずお相手に接することが出来るかが、自分自身を大切にしてくれるお相手に直結します。

過去の行動の観察

過去の行動も、相手が将来も大切にしてくれるかどうかを示す手がかりとなります。

お相手の過去の行動を振り返り、気になる点があれば結婚後に問題点が浮き彫りになる事があります。

例えば、普段は優しいのにお酒を飲むと態度が豹変するなど。

情が芽生えて結婚したとしても結婚後にお相手の言動や行動で辛い思いをすることが多くあるかもしれません。

しっかりとお相手の姿勢や価値観を考察してみることも重要です。