お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所で活動をしていると自分以外に誰かと会っているのではないか?

また長く付き合っているのに、真剣交際に進展する気配がないのはどうしてなのか?

なんて交際相手に対して疑問を感じることがあります。

ではどうしたら本命かキープかどうか分かるのか?

そこで今回は、仮交際中に本命かキープかどうか見抜く方法についてお話させて頂きます。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

デートが早期解散になる理由

お相手からの積極性

本命だと思っている人は、積極的にコミュニケーションを取り、関係を深めようとする傾向があります。

具体的には話題提供をしてくれて極力、沈黙の時間を避けてくれる。

一緒にいて楽しいという言葉を伝えてくれる。

また次回お会いしたい旨をデート中に伝えてくれる。

など次のデートに繋げようとする言動や行動が目立ちます。

一方で、キープだと思っている人は積極性が低く、話題提供が少ない、そこまで楽しんでいる雰囲気が伝わってこないなど次回のデートへと積極的に繋げようとする素振りが見えない傾向にあります。

つまり本命かキープかを見分けるには、自分自身へ興味を持っているかどうか言動や行動で判断することができます。

一緒に過ごす時間と会える日程

本命だと思っている人は、一緒に過ごす時間を大切にし、積極的に時間を共有しようとします。

つまり長時間デートや近い日程での候補日を提案してくれる傾向にあるのです。

本命だと思ってくれるからこそ時間を優先して作ってくれるのです。

逆に、キープだと思っている人は、他の用事や他の人との時間を優先したりなど、近々の日程では会えない傾向にあります。

その為、デートが1ヵ月近く先になるなんてこともあります。

また短時間デートなど一緒に過ごす時間が短い傾向にあります。

つまり本命やキープかの見分け方は、一緒に過ごす時間の長さや会える日程などで概ね分かります。

将来への意識

本命だと思っている人は、結婚後の住まいのことまた働き方のことなど将来についての会話をしようとします。

先々の事を考えているからこそ将来について発展的な会話をしようとします。

逆に、キープだと思っている人は、将来についての会話を避けようとする傾向にあります。

何故なら結婚後の将来の話をすると浅い関係性ではいられなくなるからです。

仮交際中にお相手と将来の計画や目標を共有し、一緒に考える姿勢があるかどうか確かめることが判断裁量となります。

行動と言動の一貫性

相手の行動と言動が一致しているかを見てみましょう。

本命だと思っている人は、言葉だけでなく行動でも自分の気持ちを示します。

例えば、デートのリスケがないなど約束した事は必ず守る。

また今後の関係性についてなどデリケートな話題をする約束をしたら先延ばしにしないなど。

行動と言動が一貫している傾向にあります。

逆に、キープだと思っている人は思い付きで会話をしているので行動や言動が一貫しない場合があります。

デートのリスケが多いまた二人の関係性を曖昧にするなど誠実性に欠ける場合は注意が必要です。

行動と言動の一貫性があるかどうかで本命かキープを見分けることが出来ます。