お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

あなたは、異性と手をつないだことが、ありますか?

手をつないだことが「無い」という人も、多くなってきました。
幼稚園児や保育園児は、男の子や女の子の異性と手をつないで、散歩や遠足に行くことがありますので、幼少の頃には手をつないだという人はいるでしょう。

中学生や高校生になりますと、異性を意識しますので、恋心が芽生えて、手をつないだことがあるという人はいるでしょうけれども、おませさんですね。

この3年間を振り返って、異性と手をつないだことが無い人は、これから先も期待できないでしょう。
なぜならば、出会いが少ない時代になってきたからです。
そしてあなたの周りには、お付き合いをしたいと思う人がいないからです。

出会いが無ければ、手をつなぐチャンスもありません。
会社などの懇親会で、手を握られても、それはつないだうちではありません。
セクハラになるかも知れません。

「婚活で交際に発展して、手をつなぐのはいつ頃ですか?」
このような質問は、よく聞かれます。
                    
一般的には、週1回会って5回目は、初めてのデートから約1月後になります。
2~3回目はランチなど、食事をしながらお互いを知ることが中心です。

4回目辺りからは、ランチ等だけを繰り返していても発展がありませんし、同じパターンでは飽きてくることもありますので、変化が必要です。

どこか楽しめる所にでも行きましょう。
今の時期は、雨が心配ですので、屋外は見送りましょう。
水族館や食事のできる大型ショッピングモール、美術館や博物館、屋内イベントが開催されていれば、その会場でも楽しめます。
お相手の好き嫌いもありますので、確認しながら場所を決めましょう。

このように楽しめることをデートに入れることにより、親近感が湧いてきます。
二人で同じ行動や体験を共有することによって、会話や表情に楽しさが現れてきます。

この時点では、楽しいということを味わってください。
その余韻が次につながります。

3回目のデートで、男性が手をつなごうとしたら、女性が手を引いて、その後はご想像のとおり、次の日に交際終了の連絡が…。

人にもよりますし、タイミングや気分でも違ってきます。

5回目のデートでは、期待して臨みましょう。
楽しいデートにするための場所選びも大切です。

パターンは二つです。
人が多い場所で影響を受けるか、薄暗い場所でチャンスを得るかです。

お相手によりますので、行動的な人や活発な人であれば、人が多い場所がいいでしょう。
他のカップルに刺激をされて、手をつなぐことや混雑している道を歩く時には、離れないようにと、手をつなぐチャンスがあります。
このような時には、女性から行動することもいいですね。
「迷子になっちゃう」なんて。

もう一つは、恥ずかしがりや、奥手のタイプです。
難しいですが、自然と、そして必要性から手をつなぐことがいいでしょう。
水族館の薄暗い水槽の前で、前の方へ誘導するように手を差し出します。
これからは、花火大会の時期ですので、暗い会場を歩くときには「危ないので、こっちを歩きましょう」と手をさしのべて、そのまま、手をつなぐことも出来ます。
自然としましょう。
下心は見透かされますから。

手をつなぐことが出来れば、親密な関係となり、恋心が芽生えてきます。
婚活のゴールか見えてきます。
婚活で、楽しいお付き合いをしましょう。

 

☆「1年以内に運命の人と巡り会い結婚する為の婚活メソッド」100日の無料メールマガジン☆


 

☆婚活ブログ人気ランキング☆

 

1位  婚活市場では、結婚したい男性は「40歳で美人」よりも「33歳で普通」の女性を求めています

2位  婚活で早く真剣交際になる人は

3位  1~2回会っただけで交際終了はなぜなの? 

4位  交際中、男性のデート代金のお支払いで分かる相性や価値観

5位  交際終了のタイミングの判断の時期が結婚相談所では重要です

6位  手をつなぐタイミング

7位  35歳以上の未婚の娘を持つ父親の気持ち

8位  交際やお見合いのお断り、会って直ぐの連絡は気持ちが下がる

9位  婚活男性が勘違いする理想のお相手選び

10位  待ち合わせでお見合い写真と違うお相手への幻滅と嬉しさ