お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

入会相談で「3ヶ月で結婚決めます」と言われる人と、「1年くらいかけて、じっくりお相手を見つけます」と言われる人がいます。

自分のことなので、頑張って婚活すれば、どちらも幸せを掴む人です。

3ヶ月で結婚相手が決まる人は、婚活を始めてから一月くらいのお見合いで数人とお会いして、交際する人を一人に絞り込みお付き合いをされます。

一人と向き合ってお付き合いすることで、そのお相手のことをよく知ることができます。

もしどちらかが、結婚相手として違うと思えば、1ヶ月で交際終了とすればいいことです。

一人に絞ることで、親密になる度合いは高くなりますので、落ち着いて交際ができます。

交際後の1~2回で、相性が合うかどうか判断ができますので、半月の間に交際を続けるかを決められれば、一般的な長いお付き合いになってから、交際を終了することはありません。

週一回お会いして、2ヶ月お付き合いを続けるこが出来れば、親密になる可能性が高いです。
この間に手を繋ぐことも出来ているでしょう。

メールも毎日するでしょうし、電話でも長く話をされているでしょう。
より親近感が湧いてきます。
                         
このような状況になりますと、お互いの心配は他の人のことになります。

お付き合いしている人が他にもいないか、お見合いはしていないのかと、心配になります。

そこで真剣交際の話がされます。

真剣交際となれば、他にお付き合いしている人がいれば、交際終了にしなければなりません。
今後のお見合いも出来なくなります。

二人で成婚に向けて、真剣にお付き合いすることなります。

この人と結婚して、生活が上手くいくかなどを確かめ合う時期になります。
また、二人の生活を夢見て、楽しいお付き合いをする時期でもあります。

そして、プロポーズのタイミングを見計らいます。

じっくりと一年お相手を探す人は、お見合い回数も多くなります。

お付き合いする人を厳選するか、複数交際をして、なかなか判断ができなくなることもあります。

お付き合いする期間も短く、次に発展することが難しくなりますので、婚活期間も長くなります。

デートの間が開いてしまうことや連絡を取ることも少なく、積極的な交際をしなくなり、お相手次第ということにもなります。

いろいろな人と会いすぎて、結婚相手を決められなくなりますが、突然気が合う人が現れることがあります。

一年成婚者によくあるパターンです。

もう結婚出来ないかなと思ったときに、いいお相手が現れますので、婚活は継続することが大切だということが、立証される瞬間でもあります。

あなたは、どちらのタイプですか?

 

☆「1年以内に運命の人と巡り会い結婚する為の婚活メソッド」100日の無料メールマガジン☆


 

☆婚活ブログ人気ランキング☆

 

1位  婚活市場では、結婚したい男性は「40歳で美人」よりも「33歳で普通」の女性を求めています

2位  婚活で早く真剣交際になる人は

3位  1~2回会っただけで交際終了はなぜなの? 

4位  交際中、男性のデート代金のお支払いで分かる相性や価値観

5位  交際終了のタイミングの判断の時期が結婚相談所では重要です

6位  手をつなぐタイミング

7位  35歳以上の未婚の娘を持つ父親の気持ち

8位  交際やお見合いのお断り、会って直ぐの連絡は気持ちが下がる

9位  婚活男性が勘違いする理想のお相手選び

10位  待ち合わせでお見合い写真と違うお相手への幻滅と嬉しさ