LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2016.01.31

結婚相談所サービス

1歳の違いが大きく感じるとき

もっと早く分かっていれば良かったと、今更ですが気がつく人がおります。

結婚適齢期という言葉がはっきり言われなくなっておりますので、いつ頃までに結婚したらいいのかが、分からなくなっています。

ですので、婚活されますと1歳の違いの大きさに驚く人が多いです。

多くの人は、30歳までには結婚したいという気持ちがありますが、出会いがありませんので、そう上手くは結婚できません。

では、結婚をする年齢の目標の考え方はどうなのでしょう。

女性は、子どもを授かることからと、子育てから手が離れる年齢を考えて、結婚年齢を考えることがあります。

男性では、将来を逆算して60歳になった時の家族を考えて、子どもが成人した時の自分の年齢が幾つかで、学費やローンの費用を想定して結婚年齢を考えるようです。
                         
他にも、1歳が大きく関係することがあります。

お相手となる年齢です。

男性と女性のお相手選びの年齢が、1歳違うことでお相手としての対象となり得なくなってしまうことがあります。

今年も今日で1月が終わります。
早いですよね。
年が明けて、もう1ヶ月です。
2月になると1歳年を重ねる人がいます。

当然のことですが、皆さん今年は昨年より1歳年を重ねます。

34歳の女性が35歳になりますと、30歳代の男性からは選ばれなくなることがあります。

女性の出産リスクからの考え方です。

女性が思っております男性の結婚対象年齢の考え方は、自分より年下か3~5歳上の人までが多いです。

35歳の女性は、30歳代の男性を理想とする人が多いです。

女性は1歳違いで、30歳後半の男性には選ばれないことがありますので、お相手選びをされる年齢幅が狭くなってしまいます。

男性が34歳の女性を、お相手選びの一つの年齢の基準にしていることも確かです。

40歳代の男性が30歳代の女性を求めるのに、40歳代の女性は同年代を求めることにギャップがあります。

このギャップに気がつくことも、婚活中の1歳・1年を無駄に過ごすことがなくなります。

でも、人は年齢だけではありません。
相性が良くないと、幸せな結婚とは言えません。
年が離れていても、相性が合って、素敵な人は多いです。

結婚には、お相手のお考えや理想もありますので、そう簡単には結婚相手となる人とは出会えません。

お見合いでの一目惚れも少なくありませんが。

お互いの価値観が合った時に結婚へと進むことになります。

結婚したいと思っている人は、1歳の違いに気づいて、婚活をされることが、幸せな結婚生活を早く掴むことが出来ます。

結婚には「まだ早い」とか「まだ大丈夫」といった年齢はありませんので、今から婚活を始めましょう。

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日