LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2016.08.14

結婚相談所サービス

お見合い待ちより申請した方が、希望の人と会える確率が高い

結婚相談所での婚活の出会いは、インターネットを利用したシステムで、自分からお見合い申請をすることと、お見合い申請を受けることの二通りが基本です。

弊社のように相談所によっては、ご紹介することがありますが、基本的にはご自身で申請することと、お相手から申請を受けることになります。

申請を受けることでは、自分で気に入った条件の人から申請があったときに、その申請を受けることになります。

その時に自分自身のお相手選びの条件が厳しいと、せっかく申請いただいたのに受けることができません。

申請をNGすることになります。

 

申請をしていただける人は、気に入っていただいたということですので、全てが条件に合わないということでNGをされないで、ある程度条件が合えばお会いすることが良いです。

 

いくらプロフィールシートを見て全ての条件が良くても、お会いしてみないと分からないことが多いです。

 

条件が少し合わないからといって、NGをすることで良いご縁を逃すこともありますので、なるべくお会いするように考えてみましょう。

                  
「何で年齢の高い人や、収入の低い人しきゃ申請がこないのかな?」

女性は、このように思われる人もいらっしゃいます。

このように自分自身が思っている条件の人から申請が来ない人は、自分自身が思うような条件が整った人に申請することがいいです。

婚活は待っていても、自分自身が思うお相手は来てくれないことがあります。

かっこよくて、年収も高く、高学歴で安定した企業にお勤めされている男性や、年が若くて、美人で、学歴もある女性は、多くの人から申請があります。

このように条件の良い人は、待っていても自分の条件に合った人から申請がありますが、ほとんどの人は申請を待っていても難しいです。

特に、お相手への条件が高いと、その方々は人気がありますので、申請を待っていても時間の無駄です。

このような時には、20人、30人、50人と申請をした方が、申請を待っているよりは確率が高くなります。

それも、めげずにお見合い申請をしてください。

 

でも、申請している条件の人に自分自身は、その人の条件に当てはまっているのかも考えてみてください。

 

お見合い申請をしないと、思った条件の人に会える確率は低いですので、申請しないよりは申請することで、会える確率は徐々に上がります。

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日