お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

「お見合いで、腕組みして席の背もたれに寄りかかって、偉そうに話をしていました。何様だと思ってしまいました」

自然と日常している態度が、初めてお会いする人に対しても出てしまうのでしょう。

注意する人がいなければ、お見合いのお返事で断り続けられてしまいます。

「挨拶もできない人が、婚活するのは無理ですよ」

お見合いの待ち合わせ場所で、名前を言ったら「はい」とだけ答える人がおります。

お相手の名前を確認しないと、お見合いするお相手を間違えてしまうこともあります。

初めてお会いしますので、自己紹介から始めましょう。

これでお相手を間違えることはありません。

お見合いを始めてから、十数分話してお相手が違うと分かったことが、実際に起こっています。

本来のお相手のお二人が、ご自分のお相手がまだ来ないと、待つことになります。

このような間違いをする人は、お会いしてもお断りか、お会いできないで当日キャンセルとして、違約金が発生することにもなりかねません。

挨拶ができないという前に、お相手も探せない人になってしまいます。


                  
「何でまだ席に座れないで、立ったままでお話をしなければならないの!」

午後かのラウンジは混んでいますので、お二人が待ち合わせてから、ラウンジの受け付けに行かれても、既に前の時間からの人達で満席ですと、お席が空くまで待つことになります。

お席が空くまで、気まずい時間を過ごすことになります。

立ったままでのお話では、お席に着かれたカップルもいらっしゃるのにと、席を確保していない男性への不満が態度にも現れてしまいます。

どにらかが待ち合わせ時間のギリギリに来ますと、ラウンジに行くのが遅くなってしまったということが、順番待ちの原因と考えてしまいます。

気遣いができないと、お話も途切れて嫌な雰囲気になってしまいます。

お席では、足を組むことや、机に肘をつくことは、マナーとしては良くありません。

お話の仕方も、「タメ口でびっくりしました」と驚いた人もいらっしゃいます。

お見合いは、上下関係もなくお互い同等ですので、敬語でお話しすることがいいです。

貧乏揺すりや、頭を掻くこと、大きな身振りなどは、お相手がその動きを気になってしまいますので、されないように気をつけてください。

「何で男性が、女性の飲み物代を払わないといけないのかというような顔をされました」

いやいや支払いしますと、顔に出てしまいます。

男性が会計を済ませましたら、女性は気持ちを込めたお礼を言ってください。

「やっと終わったと、ほっとした顔をしていました」

最後は良い笑顔でお別れしましょうね。

何事も最初と最後が肝心です。
お互いにお会いいただきましたお礼を言って、笑顔で別れましょう。