お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

「今週末のお休みの日は、お見合いとデートで忙しくて自分の時間が持てないよ!」

このような羨ましいことを言われる人もいらっしゃいます。

これは、その人の感じ方、捉えられ方です。

独身で彼や彼女がいない人からしますと、「何を言っているの、お付き合いしている人がいるのに贅沢だよ」と思う人もいるでしょう。

婚活される前には、お付き合いする異性もいないく、何もしないで一日をだらだらと過ごして、「また明日から仕事で、行きたくないな」と、日曜日の夜に思ってしまう休日です。

結局、このように会社と自宅を行き来して、一週間を過ごして、それが一ヶ月、一年になってしまっています。

「このままでいいのかな?」

独身者は良いわけないですよね。

              

婚活をしますと、日常生活が変わります。
その変化をどのように受け止めるかが、将来の幸せな生活をする結婚ができるかということにもなります。

婚活の出会いと普段の生活からの出会いでは、違いがあります。

婚活は、結婚相手との出会いを目的としていて、ご自分で思われている結婚相手を探すことができます。

普段の生活からの出会いは、まだ結婚は考えていない状況で、お相手の詳しいことは分かりません。

同じ会社に勤めていても、男性の年収、学歴、家族、趣味、休日の過ごし方、本当に独身なのかなどは聞けません。

婚活の出会いは、結婚に向けてのお付き合いですので、出会いからデートまでが早いです。

今まではあまりデートを経験されたことが無い人でも、交際になりますとお付き合いが始まります。

今までの日常生活とは違うお休みの日が始まります。
このような生活の変化に、気持ちがついていくのが大変です。

お休みの日に、お見合いやデートが有ることが嬉しいことですが、急な生活の変化に対応しなければいけません。
 

いろいろな人にお会いし過ぎて、疲れてしまうこともあります。

婚活をされて初めのころは、2週間に一日は自分の時間のために使うことが良いです。

結婚を意識するようになれば、いつも一緒に居たいと思いますので、それまでの婚活はひと月に2日は自分のやりたいことに使うと良いです。

 

婚活は今までにはない休みの日の使い方になりますので、2週間に一日はのんびりすることも必要です。

 

お付き合いをしている人が複数で、デートの日程調整に悩んでいるなんて、結婚相手がいない独身者には、羨ましいことかもしれませんね。


アクセス急上昇、婚活虎の巻

1.長年交際してきた彼から前兆もなくお別れの連絡理由

2.結婚を意識したお相手と別れた経験が婚活で生かされる

3.婚活で知り合う遊び人タイプと前のめりタイプの男性の傾向

4.婚活中のお付き合いで結婚したい思いと諦める気持ちが交差

5.婚活でも数多くのネット情報の中から有益な出逢いを選択

6.交際やお見合いで振られた時の心のリセット

7.日常生活が変わるかも、婚活されている人の休日の過ごし方

8.結婚相手としての条件で譲れないことは外見か価値観か

9.結婚相手は自身と釣り合う人または理想条件の人どちらが良い

10.プロポーズをして二人が結婚を約束した後は何をしたらいいの