お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

結婚相談所ではお見合いからもう一度、お会いしたいとなると仮交際に発展します。

仮交際とは友達以上恋人未満の関係性でデートをする間柄となります。

その為、仮交際は真剣交際(結婚前提のお付き合い)の前段階となります。

しかし多く婚活で苦戦している人は、仮交際には発展するが真剣交際前でお別れしてしまうことが多いです。

ではどうして真剣交際になれずお別れしてしまう人が多いのか?

そこで今回は、勿体ないという理由で仮交際した結果という話をさせて頂きます。

ステータス男性を逃すのが勿体ない

結婚相手選びの前提にステータスがあります。

特に女性の場合は、結婚相手探しで男性のステータスを気にする人は非常に多いです。

例えば、年収600万円以上で大卒の男性希望なんて希望条件は婚活女性あるあるです。

もちろんステータスの高い男性は婚活市場で人気があります。

女性もステータスが高い男性とマッチングすることは容易ではありません。

その為、ステータスの高い男性と仮交際に発展すると別れるのは勿体ない感情が芽生えます。

例えば、女性からこんなご報告を頂くことがあります。

「何度デートしても仮交際男性を異性として意識出来ません。」

「条件が良い男性なので会いたいという気持ちが沸かなくてもデートを何度も続けてしまいます。」

つまりステータス男性を別れるのは勿体ないという理由でデートを継続してしまうのです。

ステータスが高い男性と仮交際を続けても、異性として意識出来る感情が芽生えなければ意味がありません。

結果的に長い仮交際期間を経て決め手に欠けて交際終了するパターンがほとんどです。

結婚相手選びは、ステータスだけでなくデートの中で結婚生活を意識出来るかも大切です。

優しいという理由で逃すのが勿体ない

結婚相手に優しさや穏やかさを求めている人は非常に多いです。

もちろん結婚相手が優しいことは大切です。

ただ女性の中で気を遣ってくれて優しい男性だからという理由だけでお付き合いしている人はいます。

例えば、女性からこんなご報告を頂くことがあります。

「いつもデートの時に気遣いしてくれる男性だけど何だか異性として魅力を感じません。」

「でも日頃から優しくしてくれる彼だから別れるのは勿体ないと思います。」

なんてことを考えながら仮交際を継続している女性は多いです。

異性として魅力を感じないのに我慢して仮交際していると、必ず違和感を覚えるタイミングが訪れます。

「本当にこの人と結婚していいのか?」なんて思い始めるのです。

結婚相手選びの中で優しいだけでは乗り越えられない壁が必ず存在します。

彼が優しいから別れるのが勿体ないと思っても、異性として意識出来ないお相手ならお別れすることをお薦めします。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

結婚できない女性は年齢ではない!本当の原因を解説

積極的にアプローチしてくれる人を逃すのは勿体ない

結婚相談所の男女の特徴として比較的にお相手選びに慎重派の人も多いです。

理由は結婚相手選びなので失敗したくないので慎重になるからです。

ただ時としてすごく積極的にアプローチをかけてくれる人と会うことがあります。

積極的にアプローチをかけてくれる人だから逃すのは勿体ないと仮交際を続けると失敗することあります。

例えば、女性からこんなご報告を頂くことがあります。

「仮交際している男性から積極的に好意を伝えてもらえるのは嬉しいのですが。」

「正直に、気持ちに温度差があるというか私は彼のことを好きになれていません。」

「ただ私に一生懸命な彼と別れるのは勿体ないというか仮交際をズルズル続けてしまっています。」

なんて方はいます。

ただ気持ちが乗らない交際を続けていても最終的には遅かれ早かれ交際終了となります。

自分自身の気持ちも大切にして交際の継続の有無を決めることが重要です。

まとめ

このように勿体ないという理由で仮交際を継続すると交際期間だけが伸びていきます。

ただ時は待ってくれないので交際が長引くほど年も重ねていく可能性も高まります。

勿体ない仮交際は、交際終了率も非常に高いです。

ある程度、交際を進展したい気持ちが芽生えなければ早い段階でお断りを決断することも婚活では大切です。

将来一緒に暮らすことも想像しながらデートをすると異性として意識出来るか判断できます。

結果的に勿体ないという理由で交際を継続する機会が少なくなります。

ご参考にして頂けましたら幸いです。