LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2015.03.30

結婚相談所サービス

3ヶ月で成婚退会を考えている方へ

3ヶ月で成婚退会される方は、入会されて1ヶ月くらいの間に数人とのお見合いをされて、その後の2ヶ月の間に結婚に向けてのお付き合いをされ、そしてプロポーズで成婚ということになります。

 

お付き合いの仕方としては、複数の方ではなく、最初からお一人だけに絞り込んでお付き合いをされる方と、複数の方とお付き合いをされ、1~3回のお付き合いで今後のことを判断され、お一人に絞るというように大別しますと二通りになります。

 

最初から、お一人とお付き合いされる方のケースでは、先ずはお見合いをされ、お互い良ければ交際、その方と交際終了にならない限り、他の方とのお見合いをされないという方です。

 

もしも、2ヶ月の間に6回会われて、交際終了となれば次の方を探すことになりますので、時間や期間もかかります。

当然お見合いの時から真剣ですので、最初の頃の交際が真剣でないことはありません。

                            

もう一つのケースは、1ヶ月の間に複数人とお見合いをされ、交際も複数人とされているケースです。

この複数人と交際中でも、お見合いをされることもあります。

ただし、このケースのお相手は、この方一人に絞っていることもありますので、この間にお相手からのプレッシャーが掛かることもあります。

 

この複数人とお付き合いされる方は、ご自身の日程管理が上手くないと、お会いする間が空いてしまうことにもなりかねませんので、土・日曜日が必ずお休みの方でないと難しいです。

ましてシフト制の方でしたら、このようなことはお勧めいたしません。

 

3ヶ月成婚は、入会されて1ヶ月の間に精力的にお見合いを組まれ、なるべく複数人とお会いされることが、お相手を見つけやすくなります。

この1ヶ月ら1ヶ月半の間にお見合いされて、お一人に絞り込みます。

 

結婚相手と考えられるかどうかは、1~3回の間に判断します。

婚活されている方は、結婚も考えていただけない方と、ズルズル引きずられ交際を長引かされることを嫌います。

判断が遅いと、お相手のことをいくら気に入っていても、お相手に見切りをつけられて、交際終了になるケースはいくらでもあります。

お相手の気持ちを考えて、判断の時期などを考えることも必要です。

 

絞り込んだら、必ず週1回は会いましょう。

早い方は交際に発展されて4回目で、その方との結婚を考えます。

 

お会いする回数として、3回が重要な日になります。

このまま成婚を考えるために4回目お会いするか、結婚を考えられない方になるかの瀬戸際の回数です。

 

この3回目のデートが重要な場面ですので、2回目と3回目のデート内容を変えなければ、魅力が落ちてしまいます。

4回目のデートができたなら、少しずつ今後の生活についても話しをしましょう。

成婚が現実になるような会話の内容が、お互いその気にさせます。

 

そうすれば、3ヶ月成婚は現実になります。

結婚相談所でも、お互いの会員さんの婚活情報など、この間連絡を取り合ってスムーズに成婚できるように会員さんの意思に従ってサポートしてまいりますので、結婚を考えている独身の方で、今年中に結婚したいと思われているのなら、今から婚活しましょう。

☆アクセスが多い注目の人気の婚活ブログ☆

1.婚活で早く真剣交際になる人は

2.あなたの歳の差の限界は何歳まで?

3.婚活男性が勘違いする理想のお相手選び

4.男性または女性から結婚相手として選ばれることが成功の秘訣

5.お友達では結婚を決められませんので短期でお相手を見極める

6.初めてのデートで気をつけることとお相手の思いの探り方

7.楽しく交際できて次に繋がるデートをする話題とNGの話

8.メールやラインで判断出来ない婚活コミュニケーション能力

9.婚活を親に相談しますか、それともしませんか

10.結婚相手への理想と現実のギャップの解決策を考える

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日